管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めざせツルピカ

秋になったらツルピカにしてやんぜ、と啖呵切ったは良いけど、イマイチ思い通りに膨らんでくれないオブちゃん。

09年9月29日撮影


10月に入ったら潅水甘めにして、今度こそツルピカにして(以下略

以前のお姿。
09年01月20日
09年03月16日
09年04月13日
09年05月02日
09年05月20日
09年07月31日
スポンサーサイト

黒法師も覚醒

休眠から目覚めたっぽい黒法師。

09年9月19日撮影


埃だらけですが、葉の艶や厚みが休眠中とはダンチです。かすかに赤い斑が入ってますが、あれは多分休眠が明けてから育った部分じゃないかと思います。

以前のお姿はこちら。
08年10月10日
09年01月20日
09年03月16日
09年04月13日
09年05月02日
09年05月20日
09年06月21日
09年08月12日

最後でつまづくか、リトープス宝石箱

何とも平然と夏越しをした宝石箱の面々。

下段左端、紫宝翠玉の球体が片っぽつぶれたみたいになっていますが、あれはどうやら脱皮を始めている様子。

09年9月19日撮影


しかしながら、この画像を撮った9月19日時点まではさほどでもなかったのですが、その後妙に暑い日があり(一番暑かった日はベランダ実測で最高気温38度に達してました)、ヘルメティカ(中段右端)が柔らかくなっており、紫勲(中段左端)も何かしら不穏な感じになりました。

果たして普通に脱皮するのか、それともいきなり溶けるのか。無事夏越ししたと思ったのに、ここへ来てダメになるかもと、ドキドキハラハラな今日この頃です。

以前のお姿。
08年11月01日
09年01月20日
09年03月16日
09年03月29日
09年04月09日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年05月10日
09年05月20日
09年08月12日

カルクルスも覚醒

日焼けはさせられるわ、潅水過多で割られるわで、素人栽培者に散々な目に遭わせられてるカルクルス。でも脱皮でつるりんお肌に戻るのは、メセンの良いとこですよね^^

09年9月19日撮影


しかし、いつ見ても豆々しいw

以前のお姿。
09年03月29日
09年04月05日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年05月14日
09年05月20日
09年08月12日

全滅危惧リンピダム

我が家は現在、マツバギクのプランターにコナカイガラムシと思しき連中が大発生中。マツバギクのプランターだけで繁殖している間は、目につく連中を手でチマチマ駆除する程度で大目に見てやってたのですが、最近オブツーサの鉢に飛び火しているのを発見して、こりゃもう許せねえとなりました。

そこで以前買ってたおいたマラソン乳液を1000倍に薄めて、マツバギクのプランターに撒布。手作業だと1回で10匹も捕ればうんざりするんですが、農薬散布だと一回で目に見えないとこにいる連中も一括駆除出来ます。大量虐殺です。農薬万歳です。別に人間が食うための植物じゃないしねーヽ( ´ー`)ノ

さて以前、分頭して5頭になったのに3頭が溶けて、生き残ったリンピダム2頭です。「これが溶けたら泣く」って言ってましたが、泣く羽目になりそうな悪寒。

09年9月19日撮影


もしかすると脱皮かもーなんつって、希望的観測をしてみたりするんですが、株元から異変が発生してるのは、溶ける兆しにしか見えません(´っω・。`)

以前のお姿。
09年03月16日
09年03月29日
09年04月09日
09年04月13日
09年05月02日
09年05月14日
09年06月11日
09年06月24日
09年08月12日

まだ起ききれないポエ

多分休眠から覚めてると思うんですが、イマイチはっきりとした覚醒の兆しが見えないポエことフォエニセウム。

09年9月19日撮影


一番ちーこいやつが枯れてなきゃ良いんですが。

以前のお姿はこちら。
08年10月10日
09年01月20日
09年03月16日
09年04月05日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年06月24日
09年08月12日

コノフィツムご一行様、覚醒

一度の潅水で、見事に覚醒。こんなに分かりやすく起きるものなんだなーと感心。

09年9月19日撮影


やっぱし雨月は分頭してましたねー♪

以前のお姿。
08年11月01日
09年01月20日
09年04月05日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年05月14日
09年06月11日
09年06月14日
09年08月12日

カメノコノコ

カタカナにすると意味が大変分かりづらい実生亀の子の子。漢字かな混じりでも分かりづらいかw

09年9月19日撮影


こちらは実生エピテランサーズと比べるとずいぶん元気。でも夏場に水を切らしたせいで、かなり淘汰しちゃいました。

以前の画像、撮影したことがあるような気がしたんですが、見当たりません。関係ないサボの記事に混ぜちゃったかな?

全滅危惧の実生エピテランサーズ

悲しいぐらい成績の悪い実生エピテランサーズ。おかげで今年の種子蒔きのモチベーションがあがりません。

09年9月19日撮影


左から、かぐや姫、月世界(奈良研種子)、月世界(自家採取種子)です。

かぐや姫、発芽直後はかなり良い感じだったのですが、どんどん調子を落として現在生き残ってるのは3株・・・。その点、月世界は頑張ってると思いますが、それでも奈良研種子、自家採取種子合わせて10株残りません(´っω・。`)。

以前のお姿。
08年10月10日
かぐや姫(奈良研種子)
月世界(奈良研種子)
月世界(自家採取種子)

09年01月20日
かぐや姫(奈良研種子)
月世界(奈良研種子)
月世界(自家採取種子)

ビアマグレディハート

個人的に、レディハートの中で一番良い形に育ってると思っている鉢です。

09年9月14日撮影

ブレブレ御免。

陶器製のビアマグ鉢から溢れ出るような形で育ってるのが、なんとも言えず素敵♪木製のアイスクリームスプーンが全てを台無しにしてますがw

以前のお姿。
08年10月10日
09年01月20日
09年03月16日
09年04月05日
09年04月13日
09年07月04日

そう言えば、秋は芋の季節ですね

すっかり秋らしくなってきたので、メセンに本格的に潅水したのですが・・・。リンピダムの生き残りに、異変発見orz 多分もうだめぽ(´っω・。`)

さて、何が植わってるのかわからなかったレディハートの吊り鉢ですが、その後順調に生育。現在ではご覧のようになりました。

09年9月14日撮影


垂れてる蔓の長さも、早1mに達しようとしているものがあります。ヤシガラマットを突き破って生えてくるやつも、ひとつだけかと思っていたらその後続々出てきやがりました。芋系且つ蔓系の繁殖力成長力はすんごいですね。

しかし、えらいブレブレの画像になってしまいました><

以前のお姿。
09年03月16日
09年05月02日
09年05月20日
09年07月04日

一番絞り缶寄せ植えその2

同じ一番絞りのミニ缶ですが、その1とは全然雰囲気の違う寄せ植えです。

09年9月14日撮影


紫月ってのは、何気に繁殖力旺盛なので、取れちゃった葉っぱやら伸びすぎた蔓やらを、あっちこっちの鉢に放り込んでいます。色も綺麗ですしね。重宝なやつです。

以前のお姿。
09年04月24日

一番絞り缶寄せ植えその1

普通、寄せ植えってのは作った直後が一番綺麗なもんなんですが、私の場合はレイアウトとかバランス無視で寄せ植え(ってか投げ込みとか混ぜ植えって言った方が近いw)してるんで、時間が経って植わってる連中同士、それぞれにある程度折り合いをつけた頃の方が、見れるような気がします。

09年9月14日撮影


ここから、朧月特有の、ろくろっ首になって暴れる展開が始まると楽しいのですがw

以前のお姿。
09年03月16日
09年04月13日

バニーカクタス(違

葉っぱ一枚からスクスク育っているシャコバサボテン。

09年9月14日撮影


葉っぱが二股で出てきて、ウサギみたいなので、バニーカクタスとかタイトルに書いてみましたが、一般にバニーカクタスと言われてるのは、確かウチワサボテンですw

これは普通のサボと違って、確か着生タイプなので、用土も潅水もコッテリめの方が良いみたいなんですが、こいつだけのためにコッテリ用土を作るのがマンドクサいので、普通に軽石主体のサボ用土ですw 水だけは気持ちたっぷり目にやってますけど。

以前のお姿。
09年07月31日

霜の朝

以前、*☆*ぴあん*☆*さんからいただいた霜の朝その他の寄せ植えです。

09年9月14日撮影


ちょっと水切れっぽい感じ。結構水やってると思ってるんですがねえ。鉢もアルミだから、プラ鉢と保水性は変わらないと思うんだけどなあ。

霜の朝がちょいと曲がっているのは、ずぼらしてお日様の当たる位置を変えてなかったから。この写真撮った後、向き変えましたw

せめて半月に一度は鉢の位置を回してやらないと、置いてる場所と置いてる物によっては結構派手に曲がります。

以前のお姿。
09年05月10日

このまま育てるか悩むところ

接ぎ台にされるために成長点をカットされ、接ぎ穂が枯れたため台だけがスクスク育っている竜神木です。

09年9月14日撮影


子株、育ち過ぎ。

この姿は結構気に入ってるんですが、親株が子株にだいぶ食われてる感じがします。分離すべきか、悩むところです。

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年05月02日

相変わらず動かない牡丹玉

動かないなりに、色味に多少の変化はある牡丹玉。冬場の赤みはずいぶん消えました。

09年8月31日撮影


動かないので存在感が薄いやつではありますが、実はこの縞々加減が、密かに大変お気に入りなのです。

以前のお姿。
09年03月29日
09年04月05日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日

何気に鉢が変わってますね。多分、初夏頃、ひっくりこかしたついでに植え替えたんじゃないかな?

卵パックその後

葉挿し卵パックの入居者の皆さんのその後です。

09年8月31日撮影


葉挿しをしていていつも面白いなーと思うのが、出てきた新芽が成長するのと反比例するように、葉っぱがしぼんでいくところです。いかにも「新芽に栄養や水分を吸い取られてます」という感じで、なんとなく健気に思えてきます。

いくつかは、既に元の葉っぱが用済廃棄になっているものもあります。

以前のお姿。
09年05月20日

銀手毬

多分初出と思われる銀手毬。

09年8月31日撮影


植わっているのは1号鉢(鉢の直径3cm)です。だからめっさめさチビ苗です。直径は1cmありません。高さも2cmないでしょう。

この鉢に植えた当時は、画像の更に半分の高さの、本当に豆粒サイズの手毬でしたが、最近ちょっと縦に伸びてきました。

我が家には金手毬もあったのですが、こじらせた挙句お星様にしてしまったので、また機会があればどっかで入手して、金銀の手毬をそろえるつもりです(`・ω・´)

茶膜な美青丸

美肌が自慢【だった】美青丸・・・。

09年8月31日撮影


茶膜は生理現象と言うか、老化現象だそうです。「老化現象」と言っても、青王丸チルドレンがそうだったように、幼苗でも茶膜に覆われることはあるようです。要するに、あまり調子がよろしくないと苗自身が膜を作って自衛するようなイメージ。

つまり、「今の環境が気に入らない」とサボが暗に言ってると理解してよろしいでしょうか(´っω・。`)

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月05日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日

熊兎鉢

熊兎蜂、とか言うと、日本昔話かと思いますよねー。まあ、こいつは蜂じゃなくて鉢なんですが。

09年8月31日撮影


用土の保水性が低いので、成長はイマイチですが、それなりにモケモケしてますな。

つっか、賑やかしに植えた新玉綴りがえらいハゲチョロけてる件。自主的に全自動葉挿しをやってるらしいのですが、繁殖意欲旺盛なのは良いけれど、そんなにハゲチョロけるなんて、観葉植物としての自覚を問いたい、問い詰めたい、小一時間問い詰めたい。

以前のお姿。
08年10月10日
09年01月20日
09年03月16日
09年04月13日

謎グラ

昨晩、玉型メセンズに今秋初の潅水。と言っても、軽く球体を湿らせる程度に。これで水を吸うようなら、また後日本格的に水をやろうかと。

さて葉っぱ一枚からここまで育った謎のグラプト。

09年8月31日撮影


色味はずいぶん緑色になりましたが、やはり朧月とはちょいと違う気がします。やっぱり*☆*ぴあん*☆* さんご指摘の、バイネシーかな?今後も要観察。

以前のお姿。
09年06月24日

愛しの青王丸ズ

いつも機嫌良さげな青王丸ファミリー。

09年8月31日撮影
1号


2号


チルドレン


以前のお姿。

1号
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日

2号
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日

チルドレン
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日

うちの栽培環境は設備無しのベランダ吹きっさらしなわけで、レベルで言えばせいぜい中の下か、まあ下の上ぐらいが妥当なところでしょうか。

それでもこじれもせずに機嫌良く育ってくれる青王丸は、ホント愛い奴だと思います。

福々ウサギ

我が家のモケモケ代表、福兎耳。冬季の紅葉もすっかり抜けて、これはまたこれで可愛いらしいですね。

09年8月31日撮影


こいつも我が家の古株のひとつで、うちに来てからかれこれ丸1年になります。こいつが一番わかりやすくでかくなったかもしれません。

以前のお姿。
08年10月10日
09年01月20日
09年03月16日
09年04月05日
09年04月13日

サボザウルス

我が家のチビチビザウルス、恐竜丸。冬期に水を切られてシワシワザウルスになっていたのですが、今の時期はふっくらプクプクザウルスです。

09年8月31日撮影


相変わらずチビチビではありますが、それでもうちに来た頃と比べると多少は育ってますね。

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日
09年05月02日

冬期のシワりっぷりに、自分がやったことながらワロタw

パンプキン丸

作り物っぽい質感がたまらない海王丸。かぼちゃかぼちゃした形もイイ(゚∀゚)!!!

09年8月31日撮影


肌にへばりつくような蜘蛛を彷彿とさせる刺も、大好きです。

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日
09年05月02日

うちに来た頃と比べると、何となくふてぶてしい顔付きになった気がするのは気のせいでしょうか?

秋夜空溶け入る如き紫月かな

紫月1号と2号。

09年8月31日撮影


結構紫っぽい色のまま夏を越しました。多分、水が辛過ぎるのでしょうw

以前のお姿。
【1号】
08年10月10日
09年04月05日

【2号】
09年04月05日

【1号と2号の比較】
08年11月01日
09年01月20日
09年03月16日

ちょっと成長遅めかな?

斑入りの宿命か、もともとこんなもんかはわかりませんが、比較的成長が見えない緑の鈴錦。

09年8月31日撮影


以前のお姿。
09年04月05日
09年04月13日

それでも以前より多少伸びてはいますね。

スタンダードな緑の鈴

こちらはスタンダードな緑の鈴。ホントに数珠みたいですねw

09年8月31日撮影


鉢から垂れ下がるやつをいちいち鉢の中に戻してやっているので、盛り盛りになってきました。

以前のお姿。
09年01月20日
09年03月16日
09年04月05日
09年04月13日

鉢の中を盛り盛りにしてから、溢れるように垂れ下がらせようと思っております。

緑の雫

これも我が家では古株なニューグリーンネックレス。何がニューかというと、多分葉っぱの形。ご覧の通りの雫型です。だから緑の鈴と言うよりは、緑の雫と言う方がぴったりですね。

こいつはもうすぐうちに来て1年になります。

09年8月31日撮影


あんまりお日様照り照りにすると色が悪くなっちゃうので、気持ち日の当たりの弱いところに移しました。居候の若緑も、元気に育っておりますw

以前のお姿。
08年10月10日
09年01月20日
09年03月16日
09年04月05日
09年04月13日





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。