管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅オーチさんは元気です

不調なリトばっかご覧に入れてると精神衛生上よろしくないので、ちょっとマシな状態のリトさんをご紹介。

こいつが溶けたら同じものはもう二度と買わないと決心して買った紅大内玉。

09年11月19日撮影


背水の陣で挑んだリベンジは、現在のところ幸いにも順調です。

以前のお姿。
09年03月29日
09年04月05日
09年04月09日
09年04月13日
09年04月24日
スポンサーサイト

濃璃玉に何が起きた?

勝手に和名を付けた濃璃玉ことノーリニアエ。

リトープス宝石箱の中にもありましたが、うちのリトさんたちには、こういう妙な症状を発している連中がいます。

09年11月19日撮影


病気なのか何かの生理現象なのかわかりませんが、濃璃玉綺麗だったのに(´っω・。`)

幸いこいつは生きてるみたいなので、脱皮後に期待。

以前のお姿はこちら。
08年11月01日
09年01月20日
09年03月16日
09年04月05日
09年04月13日
09年05月02日
09年05月10日
09年07月04日
09年08月12日

リトープス宝石箱の怪

無事に夏越し出来たかと思ったのも束の間。ヘルメティカ(中段右端)と蔵人玉(下段右端)が潰れました。溶けたのでも腐ったのでもなく、萎んで縮んでしまいました。

09年11月19日撮影


紫宝翠玉(下段左端)も、脱皮を始めているのかと思っていたら違ったようです。同じ鉢内でやたら元気一杯のリトもいるのに、何が原因でこうなったのか、さっぱり訳がわかりません。

とりあえず奇跡の復活を信じて、このまま放置中。

以前のお姿。
08年11月01日
09年01月20日
09年03月16日
09年03月29日
09年04月09日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年05月10日
09年05月20日
09年08月12日
09年09月19日

ぱっつんぱっつんな霜の朝

これはそろそろ植え替えしなきゃ、いくらなんでもぱっつんぱっつん過ぎるかも。

09年11月19日撮影


よく育ちました。謎の万年草が鉢(つっかビールの空き缶)の外に脱走しようとしてるし、何より霜の朝が吊り下げ用の取っ手と干渉しています。

しかし先日、アロエの緋翠殿がクリスマスツリーっぽいって言ってたわけですが、これもデコレーション次第でクリスマスツリーっぽくも門松っぽくも出来そうですね。

以前のお姿。
09年05月10日
09年09月14日

ところで先日のアロエ緋翠殿、リアルでクリスマスデコレーションするのは面倒だったので、画像加工で遊んでみました。

適当に加工したので、色々雑なのはお目こぼしを<(_"_)>

ツルピカ準備中のオブツーサ

前回から丁度1ヶ月後の撮影になったのは偶然。

09年11月19日撮影


ま、1ヶ月ぐらいじゃそんなに見違えるほどにはならないよね。早くツルピカにならないかなあ。

以前のお姿。
09年01月20日
09年03月16日
09年04月13日
09年05月02日
09年05月20日
09年07月31日
09年09月29日
09年10月19日

クリスマスツリーに出来そうな緋翠殿

形としてはアロエと言うよりは最早クリスマスツリーな緋翠殿。

09年11月19日撮影


これ、胴切りした方が良いんですかねえ?あまりにも鉢と株の背丈のバランスが悪い気がするんですよ。何気に子株生えてるし、植え替えた方が良いのかな?

しかし、しょっちゅう見てるから全く気づかなかったけど、こいつ前回撮影時と比較すると、すんごい成長してますね。

以前のお姿。
09年01月20日
09年03月16日
09年04月13日
09年05月20日
09年09月29日

門松の素材にいかが?な福兎耳

これからの季節、見た目に暖かそうなのがモケモケ連中。

09年11月19日撮影


特にこの福兎耳は紅葉が始まるとモッケモケ+紅白と、門松に添えても違和感なさげな姿になります。

そう言えば多肉でクリスマスリースってのは時々見ますが、門松っぽい多肉の寄せ植えも面白そうですね。誰か作ってください(自分で作る気はないらしい)。

以前のお姿。
08年10月10日
09年01月20日
09年03月16日
09年04月05日
09年04月13日
09年08月31日

我が家の茶膜代表、青王丸ファミリー

うちで茶膜代表サボって言うと、この青王丸。

全て09年11月7日撮影
1号


2号


チルドレン


我が家のサボでは一番の古株で、出来るだけお日様にも雨にも当たる特等席に据えているせいか、なんだか肌の色も濃くて良い感じです。

ただ、1号2号には小さい蜘蛛がしょっちゅう巣を張るのが困りもの。刺がひょろひょろ長いから、巣が張りやすいのでしょうかね?

チルドレンご一行さまは、そろそろ植え替えしてやった方がいいかなー。

以前のお姿。
1号
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日
09年08月31日

2号
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日
09年08月31日

チルドレン
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日
09年08月31日

これからどうなる?南十字星

十字模様がはっきり出ない我が家の南十字星。

09年11月7日撮影


花が咲いたら枯れると言われてたのですが、今のところ開花株も枯れてはおりません。でも新しい芽を出す気配もありません。

クラッスラは、葉っぱが積み上がるように育つのですが、何しろ開花株は成長点が潰れてますからねぇ・・・。

どうする気なんだろう?

以前のお姿はこちら。
09年01月20日
09年03月16日
09年04月05日
09年04月13日
09年05月02日
09年05月18日

お久しぶりの長盛丸

ひそかに「ナガモリマル」と呼んでいるのはナイショ。

09年11月7日撮影


エキノプシスだけあって丈夫。

うちのベランダでは結構目立つ位置に置いてるのですが、何故か全然撮影されていませんでした。決して変化がないわけではないのですが、何気に後回しになりがちなやつです。

以前のお姿。
09年03月16日撮影

色々牡丹玉

球体そのものの動きは少ないけど、色味の変化は結構あるのがこのヒト。色々って言っても、幾つも牡丹玉があるわけではなく、単に色が変わるだけという意味です。

09年11月7日撮影


赤味が消えてきたなあと思ってたら、また赤くなってきました。緋牡丹錦みたいに原色で真っ赤っ赤よりは、こういう渋い色味が好きです。

以前のお姿。
09年03月29日
09年04月05日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年08月31日

実生一年のドリミア・ウニフローラ

世界一小さな花が咲くというドリミア・ウニフローラ。

09年11月7日撮影


実生1年でここまできました。右に映っているのは大きさ比較用の爪楊枝の先っぽ。どれぐらいチビチビか、お分かりいただけるでしょうか?

鉢土が減っているのは、夏に一度ひっくり返してしまったからですが、ケロリとしております。案外強いやつです。

以前のお姿。
09年01月20日
09年05月02日

霜降り河内丸

茶膜に覆われるのがうちのノトカクタスのお約束な気分。

09年11月7日撮影


しかしこいつに関しては、成長点から綺麗なお肌が出てきた感じ。まあなんつーか、美肌と茶膜のコントラストを楽しむってことで、ひとつよろしく。

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年07月25日

ツートーン美青丸

うちのノトカクタスは、こういうふうになる運命なのでしょうか(´・ω・`)

09年11月7日撮影


まあ、良いアクセントになってると思うことにします・・・。

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月05日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年08月31日

右曲がりの紅流星錦

持ち直したと思ったらまた萎み、あわてて水を甘めにしてみたらまた膨らんできた紅流星錦。

09年11月7日撮影


調子良いのか悪いのかよくわからんのがこのヒト。お肌も曲がり角を通り越して下り坂みたいな感じですが、よく見ると成長点辺りから綺麗なお肌が見えています。

一皮剥けると、綺麗になりそうな予感。

以前のお姿。
09年05月20日
09年07月31日

目立たないけどちゃんと育ってる月ウサギ

さり気に形になって来つつある月兎耳。

09年11月7日撮影


こいつはまことに手のかからないウサギさんでして、手がかからなさ過ぎてうっかりすると存在そのものを忘れてしまいそうになりますw

でも実は、うちでは古株なんですよねー。

以前のお姿はこちら。
08年10月10日
09年01月20日
09年03月16日
09年04月05日
09年04月24日
09年05月02日

翠晃冠はこういう色だと思うことにした

先日、自給自足用の青ネギが虫害で壊滅状態というお話をしたわけですが、犯人(虫)はイナゴではないかと言っておりました。

しかし食い荒らされた痕跡を見ると、どうもイナゴっぽい感じがしません。それにイナゴなら図体もでかいし日中に活動するのですぐ見つかるだろうに、あれ以来ちっとも見かけません。

これはイナゴではなく、例のあいつではないかと思い昨晩夜回りを敢行。見事に犯虫を発見、逮捕しました。

やはりと言うか当然と言うか、犯虫は昼行性のイナゴではなく、夜行性のヨトウムシでした。よく考えるまでもなく、イナゴはネギ食わんわなあ。疑ってゴメンねイナゴ。

と言うわけで犯虫のヨトウムシは身柄を確保され、我が家に捨てるほどある(捨ててないからあるんですが)プリンの空き容器に拘留、今日明日にも蜘蛛に引き渡される予定です。

さて、この翠晃冠もイマイチ難しいと言うか、読めないサボ。色が戻らないのは、もう諦めましたw

09年11月7日撮影


今夏、五つの花芽をつけたのですが、咲いたのは確かふたつだけ。残りは咲かぬまま終わりました。

私は桜なんかでも、満開よりも「蕾ふくらむ」ぐらいの頃が好きなんです。それは「これから咲く」という期待感があるからなんですね。ジェットコースターなんかでも、これから頂点に向かって登りつめて行くという時の、あのワクワクドキドキ感が好きなんです。ですから、咲かずに終わられてしまうのは、何とも寂しいものがあります。

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日
09年05月02日
09年07月25日
09年08月02日
09年08月08日

ちょっと育ってきた麗陀丸

最近、何気に水を甘めにしてみたところ、目に見えて大きくなってきた麗陀丸。

09年11月7日撮影


いまだに花芽が残っています。でも、どう考えてももう咲かないでしょうね。

以前のお姿。
09年03月16日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年06月11日
09年06月21日
09年06月25日
09年09月29日

水飲みザウルス、恐竜丸

チビチビ恐竜丸君。

09年11月7日撮影


ギムノって、水が好きなんですかね?私のサボ教科書によると、普通程度の潅水で良いような表記なのですが、過去の画像をご覧いただければお分かりのように、こやつは潅水が少ないと露骨に萎みます。

でもだからと言って、調子に乗って水やると腐る罠。

観葉植物ですから見た目を整えたいのは山々なのですが、だからと言って腐らせてしまっては、文字通り元も子もありません。

困ったものです。

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日
09年05月02日
09年08月31日

カボチャ大王丸、じゃなくて海王丸

いつ見てもカボチャなフォルムの海王丸。

09年11月7日撮影


ちょいと赤ダニにたかられておりますが、とりあえず元気。

遮光のため、夏に桃を買った時に付いてた保護用のネットを鉢に取り付けておりますが、若干伸縮性があるので鉢によくフィットし、大変具合が良いです。

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日
09年05月02日
09年08月31日

トチョージェイド

元見切られ坊主の、徒長スノジェ。胴切りするかどうするか迷った挙句、切らずにそのまま育ててみました。

09年11月7日撮影


何となくそれなりに形になってるように見えるのは、親の欲目ですかね?

ところで花芽らしきブツ発見。

09年11月7日撮影


花芽が出てきたということは、それなりに調子は悪くないということでしょう。

以前のお姿。
09年03月16日
09年04月13日

思い通りに育ってくれないアメティスティヌム

昨日、ベランダの仙多達をチェックしてたら、なんとイナゴがいました。どっから飛んできたんだ・・・。

うちに巣食ってるクモの餌にするにはちょっと大き過ぎるので、水やり用の噴霧器の先端を絞り、スプレーからストリームに変えて水鉄砲よろしく攻撃したら、ベランダの隅の手の届かないところに逃げ込みやがりました。

しかたないのでそのまま放置したのですが、今朝ベランダを見てビックリ。

自給自足用に植えている青ネギがほぼ全部齧られていました。イナゴは稲を食う虫だと思ってましたが、ネギも食うのかな?まあ、ネギなら齧っても別に構いませんが。

さて惨敗シリーズ第二弾。つっか、惨敗がシリーズになるってどうよと思った人、(・∀・)人(・∀・)ナカーマ!

購入当初、グラプトだし楽勝♪、葉挿しで爆裂増殖♪とか思ってたのに、ちっとも思い通りに育ってくれないし、葉挿しは完封で全敗中のアメティスティヌムさん。

09年11月7日撮影


水加減が悪いのか、素焼き鉢のせいで乾燥し過ぎるのか、日照が強過ぎるのかあるいは弱過ぎるのか、それとももっと多肥にした方が良いのか、それとも土が悪いのか、色々思いあぐねつつ何もしてませんw

新しい葉っぱが続々生えてくるのだけが、救いです。徒長気味だけど。

以前のお姿。
09年03月29日
09年04月05日
09年04月13日
09年09月29日

惨敗中の千代松君

見切られ坊主を引き取ったは良いけれど、その後の調子が一向に良くならない千代松こと千代田の松。

09年11月7日撮影


紅葉すると、削いだような葉っぱの形とあいまって、別名どおりの「アメジスト(紫水晶)」を彷彿とさせる美しい容姿になるのですが、うちの千代松君は萎びた野菜のような、情けない容姿です(´・ω・`)

以前の姿はこちら。
09年01月20日(大)
09年01月20日(小)
09年03月16日
09年04月13日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日

ご存知の方は、きっとものすごく少ないと思いますが、さだまさしの「回転木馬」という歌の中にこういう歌詩があります。

「けれど愛だけではどうにもならないことがあるんだ 哀しいね 大人になれば」

我が千代松君に捧げたいと思います(´っω・。`)

松霞結実

ちーこい身体で花を咲かせた松霞。先日、水をやってたら結実していることに気づきました。

09年10月30日撮影


あんたちーこいんだから、あまり無理をしないようにねー。

以前のお姿。
08年11月01日
09年03月16日
09年04月05日
09年04月13日
09年05月18日

元気一杯の白熊

斑入りは弱いと言われますが、このヒトはつおい。

09年10月30日撮影


確かに見た目には、軟弱野菜みたいですぐ萎れてしまいそうですが、何の何の。うちの熊さんズでは一番元気かもです。

購入時の貧弱な姿と比べると、こいつも別物のようです。

以前のお姿はこちら。
08年11月01日
09年03月16日
09年04月13日
09年08月12日

葉っぱが落ちやすいと評判の熊ですが

我が家でも古株の熊童子。

09年10月30日撮影


一年前と比べると、別人ていうか、別熊のようですねえ。すごいなと思うのは、1年前の葉っぱ(一番下とそのすぐ上)が、今もまだ健在ということです。

以前のお姿はこちら。
08年10月10日
09年01月20日
09年03月16日
09年03月29日
09年04月13日
09年08月12日

リトコノ開花特集

特集ってほど数ありませんが。

以下全て09年10月30日撮影
リトープス・露美玉

ちょっと表現し切れていませんが、メタリックな光沢のある花弁です。

イミタリア・ムイリー


右 コノフィツム・雨月
左 オフタルモフィルム・ロンガム


ホントに似たり寄ったりな花です。

でも、リトープスは基本黄色いタンポポ系の花ばっかりですが、コノフィツムの花は色のバリエーションが豊かで楽しいですね。

球体のバリエーションで言えば、色も形も圧倒的にリトですが。

色づき始めた乙女心

葉先がほんのり色づいてきた乙女心。

09年10月30日撮影


これ、徒長してたやつを仕立て直したもので、穂先側はご覧の通り元気一杯に育ってますが、根っこ側はとうとう新芽を出しませんでした。

普通の草花だと、葉っぱより根っこが残ってる方が強いもんですが、多肉植物ってホントわけわかんない。

以前のお姿。
09年04月05日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日

シャコバサボテンに花芽

シャコバサボテン、別名をクリスマス・カクタスだったかな?葉っぱ一枚から育てていたので、今年は花は無理だと思っていたのですが、まさかの花芽です。

09年10月30日撮影


クリスマスの頃に綺麗な花を咲かせるのと、サボテンらしくないフォルムで、多肉植物やサボテンに興味のない方のお庭にも転がってることがよくあります。

以前のお姿。
09年07月31日
09年09月14日

縦長月宮殿

白花が咲くか、赤花が咲くか、一人紅白花合戦の月宮殿は、動かないことでも我が家でトップクラスです。

09年10月30日撮影


でも、全く動いてないわけではないことは、購入時にはほとんどなかったカギ刺がたくさん生えてきていることからもわかります。

以前のお姿。
08年11月01日
09年03月16日
09年04月05日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日

こうやって過去の画像を並べてみると、かなり縦に伸びましたね。って玉サボやねんから、縦に伸びんといてーな(´っω・。`)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。