管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

順調十二の巻

記録的酷暑だった今夏は、多肉植物連中にとっても過酷な夏でありました。無設備の我が家では、与えられた環境に適応出来なければ淘汰されるのがお約束。ある意味半野生です。

酷暑に対応すべく、水を控えたために夏は少々痩せてた十二の巻。硬軸系なので、潅水即膨張とはいきませんが、丁度一年前の画像と比較すると、かなり良い状態で夏を越せたのではないかと思います。

10年9月30日撮影


花茎の上に子株が発生してます。花茎は、花が終わったらぽろりと取れるんだろうと思ってたんですが、子株が発生した部分はそのまま残ってしまいました。

これ、このまま育てても良いのかな?

以前のお姿。
09年01月20日
09年03月16日
09年04月13日
09年05月20日
09年07月31日
09年09月29日
09年12月03日
10年01月17日
10年03月02日
10年03月28日
10年04月28日
10年05月25日
10年07月24日
10年08月17日
スポンサーサイト

「どうしてこうなった」を乗り越えたオブツーサ

根腐れ発症して、療養中のオブツーサ。

10年9月16日撮影


オブツーサは見るからに腐りやすそうですが、何とか乗り越えた様子。根腐れ再発が怖くてほぼ断水状態でしたが、あまりにもカリカリになってきたので、最近おっかなびっくり水をやってます。



子株も元気です。

以前のお姿。
09年01月20日
09年03月16日
09年04月13日
09年05月02日
09年05月20日
09年07月31日
09年09月29日
09年10月19日
09年11月19日
10年01月17日
10年02月20日
10年03月28日
10年05月18日
10年06月30日
10年07月24日
10年08月17日

花咲か麗陀丸again

咲カネー━━━━(´・ω・`)━━━━!!!!と言ってた麗陀丸。

10年9月16日撮影


何故か今頃、ヤル気を見せ始めました。やっぱ今夏、暑過ぎて咲けなかったのかな?

以前のお姿。
09年03月16日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年06月11日
09年06月21日
09年06月25日
09年09月29日
09年11月07日
10年01月08日
10年04月06日
10年08月01日

順調牡丹玉

あんまり連日「どうしてこうなった」ばかりUPしてると、ブログ継続のモチベーションが下がるので、今日は順調組にします。

10年9月16日撮影


緑が強くなってきたと言ってた先月頭から1ヵ月半。再び赤味が強くなってまいりました。

前回画像と比較すると、わずかに成長してるのがわかりますが、極めてわずかな動きで、かなりじっくり比較しないと色味以外の変化はほとんどわかりません。

でも、「変化がない=順調」ということでもあります。ゆっくりで良いから、着実に育ってくれればと思います。

以前のお姿。
09年03月29日
09年04月05日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年08月31日
09年11月07日
10年01月08日
10年04月16日
10年08月01日

本日の「どうしてこうなった」帝玉終了のお知らせ編

今回の「どうしてこうなった」シリーズで一番ショックだったのは、帝玉。

帝玉は腐れ玉の別名を持つほどよく腐ると噂に聞いておりましたので、わざわざ2鉢買ったのですが・・・。

10年9月16日撮影
比較的元気だった方。


比較的勢いが弱かった方。


9月16日に撮影した時は、何も問題ありませんでした。硬さもいつもどおりで、至ってしっかりしておりました。

その翌朝。

10年9月17日撮影

ぐったりと倒れてます。


「なにごと!?」と驚きつつ観察すると、株の根元から、プヨプヨに。球体全体が、浮腫んだように水ぶくれしているのがおわかりいただけるでしょうか。


指で突付くと表皮が破れ、中からぴゅっと水が吹き出しました。透明な綺麗な水でした。

10年9月20日撮影

梅干みたいになっちゃったよ(´っω・。`)

メセンの類はたった一晩で溶けることがある、と噂には聞いていましたが、まさか自分が体験するとは思いませんでした。

ちなみに画像は元気だった方の帝玉ですが、もうひとつも、2日ほどのタイムラグを置いて、同じような経過を辿りました。

本日の「どうしてこうなった」熊ーズ編

「熊ーズ編」とか、シリーズにしたいとは微塵も思ってないのですが、酷暑が堪えたか、昨夏は平然と夏越えしたのに、今夏はバタバタとお逝きになられた鉢が多うございました(´っω・。`)

10年9月16日撮影


白熊がおかしいと思い始めた頃、他の熊ーズは至って順調に見えました。しかし、ぷりっぷりでツヤツヤで、何の異常もない熊ーズの葉っぱが、まるで椿の花が散るようにポトリポトリと落ち始め、「はい?」と思ってるうちにあれよあれよとこんな有様。

ホント、「どうしてこうなった」以外に言葉がありません。

以前のお姿はこちら。
熊童子
08年10月10日
09年01月20日
09年03月16日
09年03月29日
09年04月13日
09年08月12日
10年03月14日
10年05月04日


熊童子黄覆輪
09年03月29日
09年04月13日
10年05月04日

熊童子錦
09年04月13日
09年08月12日
10年01月08日
10年03月02日
10年05月04日

熊童子白覆輪
08年11月01日
09年03月16日
09年04月13日
09年08月12日
09年10月30日
10年01月08日
10年03月17日
10年05月04日
10年08月15日

子猫の爪
09年03月29日
09年04月13日
09年08月12日
10年01月08日
10年05月04日

割れ物カルクルスもお目覚め

一番奥の豆は、割れたまま脱皮したので、休眠前から旧皮が剥げてました。

10年9月16日撮影


他の連中はおめざの潅水で旧皮が剥がれ始めています。この豆は、とにかく水をやればやっただけ吸い込む奴なので、激辛潅水でないとすぐ割れてしまいます。

多少割れたって平然としてるんですけど、やっぱ観葉植物は見た目が10割ですから、割ると飼い主が悲しいのです。

あ、そう言えばやっぱりカルクルスの乾燥した旧皮は、ほんのりハーブというかスパイスというか、そんな香りがします。

以前のお姿。
09年03月29日
09年04月05日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年05月14日
09年05月20日
09年08月12日
09年09月19日
09年10月22日
09年11月19日
10年02月20日
10年05月13日

宝石箱も無事夏越え

宝石箱の連中も、とりあえず脱落者無く夏越えを完了してくれた模様。

10年9月16日撮影


ミイラ状態の蔵人玉(下段右端)も、そのまま。これはちょっと、復活せんだろうなと思いつつ、奇跡を期待して放置しております。

以前のお姿。
08年11月01日
09年01月20日
09年03月16日
09年03月29日
09年04月09日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年05月10日
09年05月20日
09年08月12日
09年09月19日
09年11月19日
10年02月03日
10年03月17日
10年04月06日
10年05月04日
10年05月18日

日輪玉も脱ぎかけで寝てました

日輪玉も、脱皮途中で力尽きて寝てしまいました。

10年9月16日撮影


9月15日頃に他のメセンと一緒に潅水したのですが、覚醒しているかどうか全然わかりません。休眠前と状態はほとんど変わりませんが、手前の日輪玉の中の人の色がちょっと気になります。気のせいなら良いなあ・・・。

以前のお姿。
08年10月10日
09年01月20日
09年03月16日
09年04月05日
09年04月13日
09年08月12日
09年12月03日
10年01月26日
10年05月25日

今秋の成長を期待したいムイリー

ムイリーも、まだ覚醒がすっきり来てないっぽい。

10年9月16日撮影


休眠中の断水で旧皮はかなり乾燥したけど、本体は休眠前と全く変わらず。来た時より小さくしてしまってるので、今秋は是非とも倍旧で成長して欲しいなあ。

以前のお姿はこちら。
08年10月10日
09年01月20日
09年03月16日
09年04月05日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年06月11日
09年10月22日
10年03月28日
10年05月13日
10年06月09日

寝起きの悪い紅大内玉

脱皮途中で眠っちゃった紅大内玉。

10年9月16日撮影


これも潅水済みなのですが、ちゃんと覚醒してないのか、まだシワシワです。早々に起きて、旧皮を脱ぎ捨ててぱっつんぱっつんになってくれるのを期待してます。

以前のお姿。
09年03月29日
09年04月05日
09年04月09日
09年04月13日
09年04月24日
09年11月19日
10年03月02日

黄緑大津絵も徒長?

夏の間、ずっと遮光してたせいか綺麗な黄緑色の黄緑大津絵君。

10年9月16日撮影


ただ、遮光してたせいかこやつもちょいと徒長気味な雰囲気。でも、同じ条件でも、徒長気味っぽい成長をしてるのは昨日の紫李夫人とこいつぐらいで、大半の連中は全く徒長してないんですよねー。

何が悪いのか、あるいはどうすれば良いのか、まさしく五里霧中。

以前のお姿。
09年03月29日
09年04月05日
09年04月09日
09年04月13日
09年04月24日
09年08月12日
09年11月19日
10年03月02日

徒長気味の紫李夫人

綺麗に脱皮後、順調に休眠に入ってた紫李夫人。

10年9月16日撮影


特に問題は無いと言えば無いのですが、やや徒長気味?なフォルムになりつつあります。

夏の間は軽く遮光しただけで、お外に出しっパだったし、溶けるの怖くて水もほとんどやらなかったんで、日照不足とか潅水過多ってことはないと思うんですがねえ・・・。

以前のお姿。
08年11月01日
09年01月20日
09年03月16日
09年03月29日
09年04月05日
09年08月12日
09年12月03日
10年03月02日
10年03月28日
10年05月13日

寝ボケてるっぽいリトープスご一行様

脱皮しながら寝ちゃったリトさんご一行様。

10年9月16日撮影


これも潅水したのですが、イマイチすっきり目が覚めてない様子。でも、根っこはずいぶん張ってるようで、もう少ししたらちゃんと目を覚ますでしょう。

以前のお姿。
08年11月01日
09年01月20日
09年03月16日
09年04月05日
09年04月13日
09年04月17日
09年04月24日
09年05月02日
09年05月10日
09年05月20日
09年06月14日
09年08月12日
09年10月22日
09年12月03日
10年03月17日
10年04月16日

コノフィツムご一行様お目覚め

9月に入っても最高気温が平気で35度を超える日が続き、お休み中のメセンをいつ起こそうか悩んでおりましたが、ようやく昨日から涼しくなったので、お待ちかねの水を与えてみました。

10年9月16日撮影


潅水一発で気持良くお目覚め。素晴らしい♪

しかも、ほとんど全部分頭してるっぽい。さすが、「素人向けの強健種を」というリクエストで選抜されてきた連中なだけあります。

以前のお姿。
08年11月01日
09年01月20日
09年04月05日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年05月14日
09年06月11日
09年06月14日
09年08月12日
09年09月19日
09年10月19日
10年05月18日
10年06月09日

豹の子の子、うじゃうじゃ

無責任播種を行なってから2ヶ月余り。

10年9月9日撮影


黒っぽい色なので鉢土と見紛えてわかりにくいと思いますが、相当数のチビ苗が生き残っております。その数、10や20じゃききません。さて、これからどれぐらい生き残るでしょうか。

無責任播種とは言え、チビ苗のために潅水頻度を多くしてます。親株には過潅水になってしまうので、鉢土表層だけになるよう、少量潅水ですが。

以前のお姿。
09年03月16日
09年03月29日
09年04月05日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年06月11日
09年07月04日
09年07月25日
10年01月17日
10年03月28日
10年04月28日
10年06月09日
10年07月17日

親亀の下に子亀、子亀の下に・・・

亀の子も全自動実生、別名無責任播種を実施中。

10年9月9日撮影


小さくてよくわからないと思いますが、親株手前にチビ株がありまして、その根元辺りに粒々が見えると思いますが、それが今年の全自動実生株です。

しかし、購入時から生えてたチビ株君。少なくとも実生2年生なんですが、成長が遅いのか、うちに来た頃と大きさ変わらない気がします。

以前のお姿。
09年03月16日
09年03月29日
09年04月05日
09年04月13日
09年07月04日
09年08月02日
10年01月17日
10年03月28日
10年05月04日

花咲かず翠晃冠

8月には咲くじゃろと思ってたら、いまだに咲く気配さえない翠晃冠。

10年9月9日撮影


ボタモチ色はずいぶん褪せてきましたが、いくらなんでも今から咲くってことはないんでしょうねえ・・・。

今年はサボの開花率が非常に悪かったけど、これも猛暑のせいだと思っておこう。

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日
09年05月02日
09年07月25日
09年08月02日
09年08月08日
09年11月07日
10年03月17日
10年05月25日

猛暑を淡々と乗り越えた恐竜丸

特に変化がないということは、順調ということなのだなと痛感する今日この頃。恐竜丸は順調です。

10年9月9日撮影


遮光してるせいで、我が家では目の届きにくい鉢のひとつなのですが、淡々と順調です。

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日
09年05月02日
09年08月31日
09年11月07日
10年03月17日
10年05月25日

サビ取りしてやりたい海王丸

本当にそうかどうかはわかりませんが、赤さび病と言うのがぴったりな症状の海王丸。

10年9月9日撮影


よく見るとかさぶたみたいな感じで、こすれば取れそうな気がするんですが、多分気のせいです。

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日
09年05月02日
09年08月31日
09年11月07日
10年03月17日
10年05月25日

ハゲハゲ乙女心

8月頭にはあんなに元気だったのに、やはり今夏の猛暑が堪えたか、息も絶え絶えの乙女心。

10年9月9日撮影


それでも気根を生やしまくって、葉っぱの落ちたところから新芽も吹いて、まだだ、まだ終わらんよという気合は感じられます。

もう少し涼しくなったら、鉢増ししてやりますかね。

以前のお姿。
09年04月05日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年10月30日
10年01月17日
10年04月16日
10年08月01日

まだ寝ボケてる黒法師

まだ休眠中と思われる黒法師。もう少しすれば新芽を出すと思いますが、今のところはまだ既存の葉っぱが若干動きを見せてる程度。

10年9月9日撮影


暑かったせいか、あんまり調子良くありません。こいつは暑いのも寒いのも苦手です。でもこれはまだ元気な方で、同じく暑いのも寒いのもダメな熊ーズは、全滅するんじゃないかという勢いで弱ってます。

以前のお姿はこちら。
08年10月10日
09年01月20日
09年03月16日
09年04月13日
09年05月02日
09年05月20日
09年06月21日
09年08月12日
09年09月19日
09年10月19日
09年12月16日
10年02月03日
10年04月16日
10年05月25日
10年06月30日

松霞群生化確定

前回撮影時にははっきりしなかった子株も、たった1ヶ月で一回り大きくなりました。これは群生化ほぼ確実。

10年9月3日撮影


サボテンは、樹木に近い育ち方をする奴が多くて、1週間単位ぐらいでは動いてるかどうかわからないものが普通なのですが、この松霞は目に見えるような育ち方をしております。

以前のお姿。
08年11月01日
09年03月16日
09年04月05日
09年04月13日
09年05月18日
09年10月30日
09年12月16日
10年02月20日
10年03月28日
10年05月04日
10年08月01日

オリヅルラン

以前、掲載したことがあったような気がしたのですが、過去記事を検索しても出て来なかったオリヅルラン。

10年9月3日撮影


多肉植物にカテゴリされてはいないと思うのですが、一応我が家にかれこれ1年以上いるのでご紹介。

出自は、道端で拾った子。こいつは成長すると、シュートを伸ばしてその先に折り鶴のような子株を付けるのですが、どうやらどこぞの家の鉢に付いてた子株が何かの弾みで取れて、道に転がってたのではないかと思います。

栽培条件が悪いのか、うちに来た時からほとんど大きさが変わっていません。我が家の株は鉢が鉢なだけに(ワイヤーメッシュカゴに麻布敷いて土入れた鉢)、乾燥が極めて早いため、少なくとも二日に一度、出来れば毎日水をやらないと、しょんぼりします。

でも根っこが塊根状になるらしく、普通の少肉植物よりは乾燥に強いようで、1週間ぐらいの水断ちは、しょんぼりしながらも耐えるようです。

実生ウニフローラは今のところ順調

播種から2ヶ月半ほど。実生のウニフローラたちは、こんなになりました。

10年9月3日撮影


まるで芝生のようですが、野生でも、グラウンドカバーのように周囲一面に生え広がるそうです。

以前のお姿。
10年06月30日

ゴキゲン姫将軍

暑い暑い今夏を、一番ゴキゲンで過ごしたのは多分この人。

10年8月31日撮影


高い気温強い陽射し甘い水加減でチョーゴキゲン。今後その反動が来たらどうしようかちょっとだけ不安です。

以前のお姿。
09年03月16日
09年04月24日
09年10月22日
09年12月03日
10年02月03日
10年04月16日
10年05月18日
10年07月17日

実生フライレア、栄養繁殖開始

たった一株生き残った実生フライレア亀の子ですが、なんと栄養繁殖を始めてしまいましたw

10年8月31日撮影


実生下手に優しいフライレアです。

あと、実生エピテランサかぐや姫の生き残り(画像右斜め下辺り)も、まだ存命中。さすが、栽培者淘汰に勝ち残っただけあって、強い奴らです。

以前のお姿。
09年09月19日
09年10月22日
10年01月26日
10年06月30日

縦伸び銀手毬

比較用の一円玉がありませんが、それでも縦に伸びてるのがよくおわかりいただける銀手毬。

10年8月31日撮影


こいつは日光の方向へ頭を向けたがるひまわりのようなやつで、毎日鉢を回してやらないと、一日でえらく曲がります。

縦に伸びると徒長かなって思うんですが、こいつに限っては、これ以上日当たり良いとこに置くとドライサボテンになってしまいます。

というわけで、縦伸びは単にこいつの個性と理解しております。

以前のお姿。
09年08月31日
09年12月16日
10年07月17日

実家の多肉その3

本日も実家のサボテン。これは我が家に持ち帰ったエキノプシス長盛丸の親株ではないかと思います。

10年8月18日撮影


幼苗と成株では、顔付きが変わるサボテンは結構普通にありますが、この長盛丸も割と子株と親株の顔付きが違いますね。

昨日の謎サボとは、やはり少し違いますね。

実家の多肉その2

サボテンです。それぐらい見ればわかると思いますがw

10年8月18日撮影


で、サボテンの何かと言われると、わかりません。エキノプシス系の何かかなあ?

実家から持ち帰ったのは、ノトカクタス青王丸、エキノプシス長盛丸、アウストロキリンドロオプンチア姫将軍の3種なんですが、少なくとも姫将軍とは縁もゆかりもなさげ。かと言って、ノトカクタス青王丸のような赤刺もありません。

じゃあエキノプシス長盛丸かと言えば、それもどうかな?な感じ。

もし我が家に持ち帰った3種以外の品種だとしたら、うちの親ったらサボテンや多肉植物に興味もないくせに、何で何種類も集めてんだろ?

ちなみにこいつは、昨年、息も絶え絶えの状態になってるのを見かねて胴切りを敢行し、全く栄養分のない砂(コンクリ用なので、川砂か、塩抜きした海砂)に挿したものです。一応根付いたっぽい。

こーゆーの見てると、仙多は放ったらかしの方が良いのかも知れないと思うんですが、我が家で同じように放ったらかすと、何故か死に絶えるんですよねorz





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。