管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦村牡蠣食べ放題に行った話と、ついでにオリーブ玉

先日買ったカブで、鳥羽まで牡蠣食いに行ってきました。片道160kmちょい。結構ハードでしたが、楽しかったし美味かったw

毎年11月から翌3月まで、鳥羽の浦村では牡蠣の食べ放題をあちこちでやっております。だいたい大人一人2000~3000円ぐらいで、焼き牡蠣・蒸し牡蠣が食べ放題。制限時間は90分ぐらいのところがほとんどです。平日なら飛び込みでもなんとかなるかもしれませんが、土日祝は予約して行った方が確実です。

調味料と飲料は要持参。現地の牡蠣はスーパーなどで買う牡蠣と比べるとかなり塩気が強く、調味料無しでも十分美味いです。ただやはり塩味だけだと単調なので、変化を付けるという意味で、最低限レモンや柚子などの柑橘系調味料と、大根おろしはあった方が良いです。牡蠣そのものの塩気が強いので、味噌や醤油などの塩味系調味料を使うとかなり塩辛くなります。そういう意味で飲料必須です。

あと、持ってって良かったと思ったのは自家製サルサソース。作り方はいろいろありますが、私はダイスカットのトマト缶に、みじん切りした玉ねぎ、セロリ、ピーマン、白ネギの青いとこ、唐辛子、酢とレモン汁とオニオンスープの素とオレガノ、バジル、粗挽き黒胡椒を入れました。量ですか?お好きなだけw

全てナマです。だから作ってすぐだと、玉ねぎの辛味がとてつもないです。最低でも一晩、まあ3日ほど寝かせた方が無難でしょう(すぐ食べたい場合は、玉ねぎのみじん切りに塩振ってしばらくおいた後、布巾などで包んで出てきた水分を絞り、水に晒してやればかなり辛味は抜けます。辛味以外の味も栄養も抜けますが)。塩系の調味料を一切入れてないのでかなり塩気が薄く、バゲットやクラッカーに載せて食べると物足りませんが、牡蠣に載せて食うと美味かったです。

大根おろしは、丸の大根とおろし金を持ってって、現地でおろした方が良いです。3人でしたが大根4分の1本ぐらいで十分でした。

食べ終えた直後は、もう当分牡蠣ええわ、と思ったけど、帰宅して一息ついたら、シーズン終了頃にもう一回行っても良いかなと思ってる私がいますw

さて本日は、開花したオリーブ玉。

11年11月30日撮影


キク科には珍しくもない黄色い花弁だけど、花芯辺りが白くて、とても明るく見える花ですね。

ところで、明日から12月と言うのに本日の我が家のベランダの気温はこんな感じ。


世間では雪降ってるところもあるというのに・・・。

以前のお姿はこちら。
08年11月01日
09年03月16日
09年03月29日
09年04月05日
09年04月09日
09年04月13日
09年08月12日
09年12月03日
10年11月22日
11年01月20日
11年03月07日
11年04月18日
11年06月30日
11年09月08日
スポンサーサイト

うにょうにょドラゴンフルーツ

順調に生育中のドラゴンフルーツ。

11年11月18日撮影


前回画像と比べると、パッと見さほど変化がないように見えますが、前回より今回の方が引いて撮ってるのです。

つまり、前回より伸びてますうにょうにょ。

以前のお姿。
11年05月03日
11年05月23日
11年06月18日
11年06月30日
11年07月20日
11年09月04日
11年10月26日

地味に成長中の金洋丸

前回画像より成長点付近の新刺が多くなってる金洋丸。

11年11月18日撮影


マミラリアは確か、今からが成長期だったような。しかし見た目が地味な連中なので、花でも咲かんと目立つことはないのでした。

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日
09年09月29日
09年12月26日
10年07月05日
10年10月09日
11年01月27日
11年06月18日

ムチムチ麗陀丸

上が切れちゃった・・・。

それにしてもムチムチムクムクになった麗陀丸。

11年11月18日撮影


うちにきた当初の、まるで鱗のような切れ込みが嘘のようです。ええ子や。

以前のお姿。
09年03月16日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年06月11日
09年06月21日
09年06月25日
09年09月29日
09年11月07日
10年01月08日
10年04月06日
10年08月01日
10年09月16日
10年12月13日
11年01月20日
11年05月03日
11年07月20日

牡丹玉、Be red!

現物を見てると、全く成長してないようにしか思えない牡丹玉。

11年11月18日撮影


前回画像と比較すると、ちゃんと新刺も増えて、育っていることがわかります。

ぼちぼち赤くなる時期。こいつは赤い方がカッコイイので、これから楽しみです。

以前のお姿。
09年03月29日
09年04月05日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年08月31日
09年11月07日
10年01月08日
10年04月16日
10年08月01日
10年09月16日
10年12月13日
11年01月20日
11年05月03日
11年07月20日

丸々猩々丸

丸々猩々丸。

11年11月18日撮影


この赤刺が赤刺が(;´Д`)ハァハァ いつ見ても可愛いねえ。

縦伸びせずに真ん丸く育ってくれてるのが嬉しい一品です。

以前のお姿。
09年10月10日
09年03月16日
09年04月13日
09年09月29日
09年12月26日
10年10月09日
11年01月27日
11年06月18日

育ってはいる白蛇丸

色合いが前回よりは緑色っぽいぐらいで、やはり動いた感じがしない白蛇丸。

11年11月18日撮影


一応育ってはいるようですが、マミラリアは成長具合がわかりにくいですね。

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日
09年07月25日
09年09月25日
10年07月05日
10年10月09日
11年01月27日
11年06月18日

見た目も成長具合も地味なマミラリアsp.

まことに変わり映えのしないマミラリアsp.君。

11年11月18日撮影


でもよく見ると、刺が伸びてるし、新刺も生えてるし。地味に成長してるようです。

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日
09年09月29日
09年12月26日
10年07月05日
10年10月09日
11年01月27日
11年06月18日

白鳥丸ということで

管理画面のサムネイルで見ると、王冠竜と区別が付かない白鳥丸。

11年11月18日撮影


同じフェロカクタスというのも頷けます。まあ、こいつが本当に白鳥丸かどうかは、確信がまだないんですがw

しかし、こいつらは刺が邪魔で、球体の状態がよくわかんないなあ。

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日
09年09月29日
09年12月26日
10年07月05日
11年01月27日
11年06月18日

刺々王冠竜

先日買ったスーパーカブ。久しぶりのバイクなので、嬉しくて用もないのに乗り回しておりましたが、ようやくガソリンタンクを一回カラにしました(カブの燃費はリッター当たり50~60km。タンクは3.4リットルなので、ざっと150~200kmほど走った勘定です)ので、そろそろこいつでちょっと遠出をしてみたくなってきました。

と言っても、かつては500ccのバイクに乗っていたこともありますので、原チャで行ける範囲など大方行き尽くしております。自宅周辺を買い物がてらに回るだけならばともかく、100km単位のツーリングになれば、目的は必要です。

何か良いモチベーションはないものかと、いろいろ考えたのですが、この時期ならではということで、牡蠣の食い放題に行こうかなと。

我が家から牡蠣を食べに行くなら、瀬戸内沿いか伊勢が手頃です。検索すると、瀬戸内沿いの牡蠣食い放題は3000円前後が相場で、伊勢なら2500円前後が相場っぽい。どちらも距離的にはさほど変わらないし、だったら伊勢に行くかということで、現在鋭意ルート検討中です。ついでだからお伊勢参りもしようかなあ。

さて本日は完全武装の刺々王冠竜。あ、刺々ってのは私が勝手に付けてるだけで、こいつの園芸名ではありません念の為。

11年11月18日撮影


上から掴むとぷっすりやられるので、下から鉢だけを持つようにしております。

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日
09年09月29日
09年12月26日
10年07月05日
11年01月27日
11年06月18日

ほぼ変化なし刺無王冠竜

すごくじっくり前回画像と比較して、やっと「刺が少し伸びてるかな?」という程度の動きしかわからない刺無王冠竜。

11年11月18日撮影


可もなく不可もなくと言った感じですな。放置プレイでも安心していられる一品です。

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日
09年09月29日
09年12月26日
10年07月05日
11年01月27日
11年06月18日

元祖プロリフィカ

なんと11ヶ月ぶりのご登場、プロリフィカ。

11年11月18日撮影




肥培のが動きがあって面白いんで取り上げまくりな分、本来大元であるはずのこちらのプロリフィカは放置プレイでした。

こちらはこちらで、ギュッと締まった綺麗なロゼットを形成してて悪くないんですがね。昨日の肥培プロリフィカと比較して、肥培しないとこんな感じ、というご参考までに。

以前のお姿はこちら。
09年01月20日
09年01月20日
09年04月05日
09年05月02日
09年06月11日
09年07月25日
10年03月02日
10年03月02日
10年05月18日
10年08月17日
10年08月17日
10年12月17日

エケベリアらしくなってきた肥培プロリフィカ

葉の密度も充実してきて、文句なしの肥培プロリフィカ。

11年11月18日撮影


ここまで来ると、「これはエケベリアでございます」と言っても疑われないでしょうね。いや、エケベリアなんですけどね。

以前のお姿
10年06月04日
10年07月24日
10年09月30日
10年11月09日
11年01月02日
11年05月13日
11年06月30日
11年08月02日
11年09月19日

元祖青王丸一号

我が家の青王丸の全ての親である、青王丸1号君。

11年11月12日撮影


相変わらず茶膜でスリートーンカラーですが、それもすっかり見慣れてしまいました。ホームセンターなんかで見かける青王丸を、何か物足りないと思ってしまうのは、そのせいでしょうか?

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年05月18日
09年06月11日
09年06月12日
09年06月12日
09年08月31日
09年11月07日
10年02月16日
10年04月28日
10年06月09日
10年09月30日
11年01月13日
11年03月18日
11年06月06日
11年07月11日
11年09月19日

無事是良サボ 青王丸2号

この青王丸2号に限らないんですが、毎日見てるせいか、あんまりご無沙汰な気がしません。

11年11月12日撮影


でも前回撮影からは2ヶ月近く経ってるんですねえ。2ヶ月近く経っても、あんまり変わってませんけどねw 

まあ、うちの場合「変わる」てぇと、悪い方に変わることが多いんで、変化のないのは良いことですw

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日
09年06月21日
09年08月31日
09年11月07日
10年02月16日
10年04月28日
10年06月09日
10年09月30日
11年01月13日
11年03月18日
11年06月06日
11年09月19日

ちひさき青王丸チルドレン

栄養繁殖組の青王丸チルドレン。これでも最低3年生だから、サボテンは本当に成長が遅い。

11年11月12日撮影


でも、なにもなにもちひさきものはみなうつくしって、昔の人も言ってたし。

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日
09年08月31日
10年11月07日
10年02月16日
10年04月28日
10年07月24日
10年09月30日
11年01月13日
11年03月18日
11年06月06日
11年09月19日

実生青王丸ズ、すくすく成長中

移植一ヶ月で、一回り大きくなったような気がする実生青王丸ズ。

11年11月12日撮影




一番大きな奴は、親株から栄養繁殖した子株の一番小さい奴より大きくなってるような気がします。このペースで育つとすれば、来春にはまた移植しないとギュウギュウになっちゃうかな。

ああ、めんどくさい。

移植を先送りしてたドラゴンフルーツもあるし、来春は植え替え作業が大量になりそう。

ああ、めんどくさい。

以前のお姿
10年06月30日
10年10月09日
10年11月09日
10年12月17日
11年02月21日
11年04月09日
11年06月18日
11年07月29日
11年10月13日
11年10月13日

別名ワイルドオニオン

この時期、ホームセンターの園芸コーナーはサボテン、多肉植物が山盛り売られておりますが、同時に白菜、ほうれん草、にんにくなどの冬野菜の種子や苗の販売も真っ盛り。

中でも、玉ねぎはちょうど時期らしく、種子・苗共に幾種類も売られております。

そう言えば野蒜は、英名をWild onionと言います。今の時期ににょきにょき生えてきたのは、ちゃんと時期を悟ったからなのでしょうね。

というわけで、ニョキニョキ野蒜ズ。

11年11月12日撮影


土壌表面付近でチラホラしている緑の葉っぱは、蓮華草です。こぼれ種から勝手に発芽。ということは、今が播種の時期と思って採種しておいた種子をもう一つのプランターに蒔いております。

蓮華草、丈夫だし緑肥になるし、葉っぱを摘んで軽く炒めたりして食べると豆苗みたいな味で美味しいんですが、アブラムシが大量に着くんですよねえ・・・。

園芸は虫との戦いです。

しかし、朝晩の冷え込みは結構強くなったと言いつつ、立冬も過ぎたというのにこの気温。


ここはシンガポールかと。

以前のお姿。
11年10月26日

ご無沙汰紅小町1

ちょっとご無沙汰だった紅小町1。

11年11月04日撮影


花芽は結局咲かず終いでした。頭頂の白いモケ毛の中に黒っぽい点が2つあるのがお分かりでしょうか。あれが、花芽の残骸です。

しかしうちは開花率悪い。何か悪いとこがあるんだろうなあ。

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月05日
09年04月13日
09年04月24日
09年06月14日
09年07月31日
10年02月20日
10年07月05日
10年10月09日
11年01月27日

ふっくらしてきた綾波さん

新刺が初々しい綾波。

11年11月04日撮影


夏の終わり頃は少し萎み気味だった球体もふっくらして、良い感じ。刺の強いサボは苦手だけど、こいつの刺はあんまり刺さる感じがしないので、結構好きです。

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月05日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年07月31日
09年09月29日
09年12月16日
10年03月28日
10年07月05日
10年08月15日
10年10月09日
11年01月27日
11年05月23日
11年08月19日

紅葉直前の鸞鳳玉

講談社のモーニングという週刊誌に、「きのう何食べた?」という漫画が、確か月イチ連載されております。

カテゴリとしては料理漫画になるのでしょうけど、主人公が「ゲイ」という設定ですので、その手のネタを絡めた展開も結構あって、ヤオイやBLとは全然違う、所帯染みたリアルなゲイの生活風景が垣間見えるのも、それなりに興味深いところがあります。

まあ、ゲイはさておき、料理漫画というよりは図解入りレシピ集みたいな漫画です。それも「男の料理」みたいなテマとカネを掛けたものではなく、技巧も費用もあまりかからないフツーの日常食が多いので、作品内料理を再現してみたりすることがあります。

先日、ピーマンが3袋(1袋に小さいピーマンが8~9個入ってる)99円とかいうふざけた価格で売られていたので、思わず買ってしまったのですが、なかなか消費出来ない。そう言えばキャベツ1個150円で安かったので喜んで買ったやつも、もう結構古い。白ネギも最近安いので喜んで買ってたら、冷蔵庫で徒長してる。

これは早急に消費せねばと思っていたのですが、このバラバラ素材を消費出来るレシピが思いつかない。で、「きのう何食べた?」の最新刊5巻をナナメ読みしたら、ありました。ミネストローネ。ありあわせの野菜をとにかくさいの目に切って炒めてトマト味のスープにしてしまえば良いという、誰が作ってもまず失敗しない冷蔵庫お掃除料理。

で、一応、「きのう何食べた?」のレシピに沿って作ったんです。ベーコン4枚、玉ねぎ大1個、人参1本、セロリ1束、キャベツの葉っぱ5~6枚。にんにく、ジャガイモは抜きで、白ネギの1本とピーマン小9個を使用。

ほぼレシピ通りなのに、20cm鍋から溢れそうになるさいの目の野菜たち。

これにトマト缶(「きのう何食べた?」ではフレッシュトマトを使ってますが、うちは更にお安いイタリアントマト缶@58円を使用)入れて、水入れてコンソメ入れたら、マジで鍋から溢れました。仕方ないので、うちで最もデカイ寸胴鍋(直径21cm容量5リットルぐらい)に移しました。

出来たのは箸が立つような、スープと言うよりは裏ごししてないポタージュみたいなブツ。もう立派に主菜です。これとパンがあれば御馳走レベル。しかも優に10人前ぐらいあります。当分これが主食です。

旨かったですけどね。

さて本日は鸞鳳玉。

11年11月04日撮影


おそらく、緑色の状態は今が最大で、これからはどんどん赤くなっていくと思われます。

昼間はベランダ、夜は室内にすれば、今からでも緑の状態を維持出来るとは思うのですが、取り入れたり外に出したりする回数が増えれば増えるほど、ひっくり返して台無しにするリスクが高まるので、やはり可能な限りお外で頑張ってもらおうと思います。

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年07月25日
09年09月29日
09年12月16日
10年02月20日
10年03月28日
10年07月05日
10年10月09日
10年12月26日
11年01月27日
11年05月23日
11年08月19日

順調に生育中の銀手毬

とりあえず順調に生育中の銀手毬。

11年11月04日撮影


お日さまを追っかけて頭グリグリ回すのも相変わらず。最初は、今頭にくっついてる子株ぐらいの大きさだったことを思うと、しみじみ育ったなあと感慨無量。

この子株、むしって挿したらまた増えるかなと思いつつ、当面は親株の頭にくっつけたまま様子見するつもりです。

以前のお姿。
09年08月31日
09年12月16日
10年07月17日
10年12月13日
11年03月30日
11年05月13日
11年06月30日
11年08月19日
11年10月01日

赤錆亀の子

赤錆亀の子、なんて書くと、検索でここへたどり着いた人に「赤錆」という種類なのかと思われてしまう罠。これは失敗例ですよー。

11年11月04日撮影


前回と比較しても、やっぱり悪化してるような希ガス(´・ω・`) でもどうしたら良いのかわかりません。

という訳で、引き続き絶賛放置中。

以前のお姿。
09年03月16日
09年03月29日
09年04月05日
09年04月13日
09年07月04日
09年08月02日
10年01月17日
10年03月28日
10年05月04日
10年09月09日
10年10月31日
11年03月07日
11年03月30日
11年05月13日
11年06月30日
11年08月02日

我が身を削って種子を作る豹の子

先日記事にした観葉植物じゃなくて食用植物な野蒜ですが、その後も発芽が相次ぎ、結局春に埋めた植えた見切りの野蒜12株(100円でした)が、全て発芽した勘定になります。さすが栽培種とは言え、野草のカテゴリに入る植物だと感心しました。

ちょっと調べたのですが、野蒜などの野草や山菜の苗や種子も、実は結構販売されていたりするようです。見分ける目さえあれば、山の中やら河川敷やら田んぼの畦やらにナンボでも勝手に生えてるもんですが、その「見分ける目」がないので、市販されているのは便利ですね。

野蒜は1年で4球以上に分球するそうで、すると今12株生えてますから、来年には48株以上になる勘定です。そしたらヌタでも作るかな、やっぱり軽く茹でて酢味噌和えかななどと、今から皮算用中です。

さて本日は豹の子。

11年11月04日撮影


無責任播種のチビ苗、結構生き残っています。

親株の方は、また少し縮んだかな?チビサボなのに毎年毎年張り切って花を咲かせ、律儀に結実するので、体力を消耗してるんじゃないかと心配です。

以前のお姿。
09年03月16日
09年03月29日
09年04月05日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年06月11日
09年07月04日
09年07月25日
10年01月17日
10年03月28日
10年04月28日
10年06月09日
10年07月17日
10年09月09日
10年10月31日
10年11月09日
11年03月30日
11年05月13日
11年06月30日
11年08月02日

地獄行きだった濃璃玉

やばいと思ってたら案の定、お星様になってしまった濃璃玉ことノーリニアエ。

11年11月04日撮影


いったい何が悪かったのかもわからぬままのご臨終(´っω・。`)

悪かったトコがわかんないままなので、また同じコト繰り返すんだろうなあ(´・ω・`)

以前のお姿はこちら。
08年11月01日
09年01月20日
09年03月16日
09年04月05日
09年04月13日
09年05月02日
09年05月10日
09年07月04日
09年08月12日
09年11月19日
10年05月18日
10年11月22日
11年03月07日
11年04月18日
11年09月08日

黄緑大津絵終了のお知らせ

不穏だと思ってたら、案の定休眠から目覚めぬまま永眠した黄緑大津絵。

11年11月04日撮影


経過としては悪くなかった個体だと思ってたのですが(´っω・。`)

やはり玉型メセンは、コツを掴むまでは難しい。いつになったら、コツが掴めるのかなあ・・・。

とりあえず今いるお子たちでコツを掴むまで、玉型メセンの新規購入は自粛しようと思った素人多肉植物愛好家です。

以前のお姿。
09年03月29日
09年04月05日
09年04月09日
09年04月13日
09年04月24日
09年08月12日
09年11月19日
10年03月02日
10年09月16日
10年11月22日
11年03月18日
11年04月18日
11年04月18日

これは徒長なのか緋翠殿

順調に縦伸び中の緋翠殿。胴切りしたにも関わらず、胴切り前ぐらいの長さになってきました。

11年11月04日撮影


置き場所は、他のアロエやハオルチア、弱光好みのギムノと同じ明るい日陰なのですが、こうまで縦伸びしまくるのは、日照が足らんということなのかも。

ということで、今からお日様照り照りエリアに置いてみようと思います。そしたら葉っぱの色が悪くなるかもですが、とりあえずは寸詰まりになっていただくのが重要かと。

こっちなんて、挿し穂なのにこの長さとか。


ところで、本日は11月4日なわけです。11月と言えば晩秋というか、初冬と言っても良いぐらいの頃合い。

で、37度とか、日本の気候なめとんか。


真夏と違って、湿度が低いので、屋内や日陰は涼しいのが救いですね。

以前のお姿。
09年01月20日
09年03月16日
09年04月13日
09年05月20日
09年09月29日
09年11月19日
10年03月17日
10年06月09日
10年08月17日
10年11月09日
10年11月09日
10年12月26日
10年12月26日
11年04月18日
11年04月18日
11年06月18日
11年06月18日
11年08月19日
11年08月19日

ひらかた菊フェスティバル

かつてはひらかた大菊人形展と言えば、全国区でその名を知られていたのですが、後継者不足によって2005年にその歴史を閉じました。

しかし、折角の伝統を絶やしてしまうのはあまりにも惜しいということで、有志によってその後も細々と菊人形の技術が受け継がれております。

先日、その展示が枚方市役所前で行われていたので、見に行ってきました。行って来ましたなんつっても、我が家からチャリンコで10分程度のトコなんですけどねw

こちらは、お市の方と三姉妹(茶々、初、江)。


こちらは、本能寺の変。

光秀は菊花でフル装備、森蘭丸も一応菊人形仕立て。それどころか、「雑兵1」「雑兵2」と名付けられた二体も菊人形仕立てなのに、主役とも言うべき信長が白無地の肌襦袢姿で一輪の菊もなし。

この構成考えた人、信長嫌いなんやろか?


全然知らんかったけど、枚方はただいま菊フェスティバル真っ盛りみたいです。


特によそから観光客を呼ぼうという魂胆はほとんどなく、地元で楽しく盛り上がろうぜという学園祭的なノリですね。枚方ってこういうノリ、結構根強いですw

斑戻りの紅流星錦

昨日、HONDAのスーパーカブを買いました。もちろん中古です。走行距離はまだ5500kmありませんでした。排気量は50ccですが、90ccにボアアップしたことになっております。つまり原付二種ですので、30km/hを超えて走っても捕まりません。

しかし、スピード出ねえw 60km/h出ないよこれ、どーなってんのw メーター読みで50km/hが精一杯。それを超えると、ノッキングしやがりますの。別にかっ飛ばす気はないんですが、60km/h出ないと追い越し車線は怖くて走れないんですよね・・・。

ま、のんびりトコトコ走る用にするか。安かったしw

さて切るか切らざるか、迷ってて結局切ってない紅流星錦。

11年10月26日撮影


画像ではわかりづらいかもしれませんが、最近斑が薄っすらと出てきました。斑抜けになったと思っていたので、ちょっと嬉しい♪

以前のお姿。
09年05月20日
09年07月31日
09年11月07日
10年03月02日
10年04月16日
10年07月17日
10年10月14日
10年12月26日
11年01月20日
11年03月07日
11年05月23日
11年09月19日

色づき始めたスノジェ

ほんのり色づき始めたスノージェイド。

11年10月26日撮影


葉っぱもはちきれそうにピチピチパツパツで、絶好調と言って良いでしょう。葉先もほんのり色づき始めました。これから寒くなるまでの僅かな期間は、安心して多肉植物の変化を楽しめる期間でもあります。

以前のお姿。
09年03月16日
09年04月13日
09年11月07日
09年12月16日
10年02月20日
10年03月14日
10年10月14日
10年12月17日
11年02月21日
11年04月09日
11年05月03日
11年05月23日
11年09月19日





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。