管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとだけ整理した挿芽プランター

挿芽プランターで好き放題にのたくってた黄麗だか秋麗だかを胴切りして挿し直しました。

12年11月25日撮影
A1125-969.jpg

若緑はあちこちに進出を図っておりますが、成功しているのはこの挿芽プランターでだけですね。

あと、若緑の株元に、ひっそりオブツーサが根付いております。

以前のお姿。
09年01月20日
09年03月16日
09年03月29日
09年04月13日
09年05月02日
09年12月26日
10年03月02日
10年08月17日
11年04月09日
12年01月16日
12年03月04日
12年05月03日
12年06月28日
12年10月07日
スポンサーサイト

あまり変化なし、実生青王丸

あまり目立って育ってはいない実生青王丸。

12年11月25日撮影
A1125-968.jpg

まあ、前回から一ヶ月半ぐらいじゃ、いくら実生っ子でも目立つほど育ちはしませんな。

来春は、も少しマトモな配合の土に植え替えてやらんとなあと思いつつ、こいつらの植え替えはマジめんどくさいので、またダラダラ先送りしちゃうかもしれません。

ごめんな、適当な飼い主で。

以前のお姿
10年06月30日
10年10月09日
10年11月09日
10年12月17日
11年02月21日
11年04月09日
11年06月18日
11年07月29日
11年10月13日
11年10月13日
11年11月12日
11年11月12日
11年12月31日
12年03月19日
12年03月19日
12年06月07日
12年07月28日
12年10月07日

晩秋の熊童子

今となっては、たった二鉢になってしまった熊ーズのひとつで、我が家でも古参の熊童子。

12年11月25日撮影
A1125-966.jpg

一度枯死しかけましたが、かなり復活してきました。今冬で再び危機に晒すことがないように気をつけたいと思います。

以前のお姿はこちら。
08年10月10日
09年01月20日
09年03月16日
09年03月29日
09年04月13日
09年08月12日
10年03月14日
10年05月04日
10年10月31日
11年01月02日
11年03月03日
11年06月30日
11年08月12日
11年10月17日
11年12月31日
12年02月24日
12年03月26日
12年07月06日

ちっちゃな熊の手が一杯、熊童子錦

手と手のしわを合わせてしあわせ~、みたいな新芽が続々生えてる熊童子錦。

12年11月25日撮影
A1125-965.jpg

暑がりで寒がりな熊さんですので、最低気温が5度を下回ったら、屋内管理に移行しようと思ってます。でも出来るだけ外気に触れさせてやりたいので、ギリギリまで我慢してもらうつもりですが。

以前のお姿。
09年04月13日
09年08月12日
10年01月08日
10年03月02日
10年05月04日
10年10月31日
11年01月02日
11年03月03日
11年06月30日
11年08月12日
11年10月17日
11年12月31日
12年02月24日
12年03月26日
12年07月06日
12年09月25日

菫丸も縮んだかな?

こちらも、ちょっと縮んでるかな?という感じの菫丸。

12年11月25日撮影
A1125-964.jpg

日焼け痕が悲しいなあ。何と言うか、全く思い通りにならないサボのひとつです。まあ、思い通りになるサボの方が少ないんですがね。

っていうか、あったっけか?思い通りになるサボ。

以前のお姿。
08年11月01日
09年03月16日
09年03月29日
09年04月05日
09年04月24日
09年05月02日
09年05月18日
09年05月20日
09年12月26日
10年04月06日
10年05月25日
10年06月21日
10年10月14日
11年02月08日
11年05月03日
11年07月20日
11年12月04日
12年07月28日

また少し縮んだ?獅子王丸

膨らんだと思ってたら、また少し縮んだ気がする獅子王丸。

12年11月25日撮影
A1125-963.jpg

水が少ないということはありません、多分。
気温が関係してるのでしょうねえ、多分。
まあ、肌艶は悪くないので、無事に冬を越してくれるでしょう、多分。

多分、ばっかりですが、多分大丈夫です、多分。

以前のお姿。
09年03月16日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年09月29日
10年01月17日
10年04月06日
10年10月14日
11年02月08日
11年05月03日
11年07月20日
11年09月04日
11年12月04日
12年02月10日
12年04月22日
12年07月28日

ブロンズ姫丼

ろくろっ首状態になってたので、胴切りして挿し終えたブロンズ姫。

12年11月17日撮影
A1117-962.jpg

他にも4鉢ほどあるんですが、メンドクサイので撮りませんでした。

この一鉢だけでも、丼状態ですもの。他の4鉢も盛々状態になっているだろうことは、どうかお察しください。

以前のお姿。
09年04月05日
09年04月24日
09年05月02日
09年07月25日
10年02月20日
10年11月22日
11年05月03日
11年05月13日
11年05月13日
11年05月13日
11年05月13日
11年05月13日

順調なので陰が薄い月兎耳

古株なのに影が薄い月兎耳。

12年11月17日撮影
A1117-961.jpg

9ヶ月ぶりのご無沙汰ですが、順調です。つまり、めぼしい変化はありません。

以前のお姿はこちら。
08年10月10日
09年01月20日
09年03月16日
09年04月05日
09年04月24日
09年05月02日
09年11月07日
10年06月21日
11年01月02日
11年02月28日
11年08月12日
12年02月06日

黒法師も植え替えました

こちらもやっと植え替えた黒法師。

12年10月02日撮影
上のヒト
A1117-958.jpg

下のヒト
A1117-959.jpg
ピントが変なとこに合ってるorz

黒法師は、葉っぱが太陽の光に反応して黒くなる=萌え出たばかりの新芽は緑、ということで、成長が目に見えてわかりやすい品種です。

これからどんどん新しい葉っぱが出て、来年の春までは絶好調の時期。でも寒いのキライな連中なので、夜間室内管理組でもあります。

休眠期は葉っぱが減ってみすぼらしいけど、今からの時期はいつまでも咲いている黒薔薇のようで、観葉植物としての性能はピカイチだと思います。

以前のお姿はこちら。
08年10月10日
09年01月20日
09年03月16日
09年04月13日
09年05月02日
09年05月20日
09年06月21日
09年08月12日
09年09月19日
09年10月19日
09年12月16日
10年02月03日
10年04月16日
10年05月25日
10年06月30日
10年09月09日
10年09月30日
10年10月31日
10年11月22日
11年01月02日
11年01月02日
11年02月21日
11年04月09日
11年06月30日
11年08月02日
11年10月01日
11年10月01日
11年10月13日
11年10月13日
11年11月30日
11年11月30日
11年12月31日
11年12月31日
12年02月24日
12年02月24日
12年03月26日
12年03月26日
12年04月22日
12年04月22日
12年07月06日
12年07月06日
12年09月04日
12年09月04日
12年10月02日
12年10月02日
12年10月02日
12年10月02日

ピンシャン、サンシモン・カナリエンス

だいぶ葉っぱがピンとしてシャンとしてきたサンシモン・カナリエンシス。

12年11月17日撮影
A1117-960.jpg

やらなきゃやらなきゃと思いつつ、面倒で先送りしてた植え替えを、やっと先日完了しました。

これから成長期ですが、確か寒いの嫌いなヒトなので、いつから夜間室内管理に切り替えるか、最低気温のチェックをする日々です(最低気温が5度を切ったら室内管理にする予定)。

以前のお姿。
11年05月13日
11年08月02日
11年10月01日
11年10月13日
11年11月30日
11年12月31日
12年02月24日
12年03月26日
12年04月22日
12年07月06日
12年09月04日
12年10月27日

ウニフローラも植え替え&鉢増し

親株クラスが2株になったので、ウニフローラも植え替えと鉢増しを敢行。

12年11月17日撮影
A1117-957.jpg

今まで1号鉢の外壁代わりだった素焼き3号鉢が、メインの鉢になりました。今年萌芽したばかりのチビ苗たちは、あまりにも小さく、出来る限り生かして植え替えたかったのですが、正直ダメになったかもわかりません。っていうか見えなくなりましたw

が、親さえ生きていれば、種子はまた出来ますから。

以前のお姿。
09年01月20日
09年05月02日
09年11月07日
10年01月26日
10年04月16日
10年05月13日
10年05月25日
10年06月02日
10年06月09日
10年06月21日
10年11月17日
11年01月07日
11年08月02日
11年10月17日
11年12月31日
12年04月01日
12年05月18日
12年05月31日
12年06月07日
12年06月21日
12年07月19日
12年08月30日
12年10月07日

増殖増大乙女心

徒長気味なのか、単に育ったのかはともかく、あまりにも鉢と株のサイズが合わなくなったので、胴切り+鉢増しした乙女心。

12年11月17日撮影
A1117-956.jpg

左の鉢が、元の鉢です。

うちに来た頃は、左の鉢ぐらいの状態だったんですが、増えた&でかくなりましたなあ。

以前のお姿。
09年04月05日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年10月30日
10年01月17日
10年04月16日
10年08月01日
10年09月09日
10年10月09日
10年12月13日
11年01月27日
11年10月01日
12年01月16日
12年03月04日
12年04月22日
12年08月13日

オリーブ玉にも花芽到来

ちろっと舌のような花芽を出しているようなオリーブ玉。

12年11月17日撮影
A1117-955.jpg

今秋は残暑がそれほどでもなかった上に、寒さが訪れるのも穏やかで、慣れてきたのもあって、安心して水をやってるせいか、玉型メセンズはどれもけっこう調子が良いように見えます。

とかなんとか言ってたら、溶けたりするんで、気を緩めずに観察していこうと思います。

以前のお姿はこちら。
08年11月01日
09年03月16日
09年03月29日
09年04月05日
09年04月09日
09年04月13日
09年08月12日
09年12月03日
10年11月22日
11年01月20日
11年03月07日
11年04月18日
11年06月30日
11年09月08日
11年11月30日
12年01月09日
12年05月03日
12年09月12日
12年10月02日

ヘルメティカに花芽到来

今年の我が家では、やや遅れ気味のリトコノ開花ですが、ヘルメティカに花芽が到来です。

12年11月17日撮影
A1117-954.jpg

リトープスは、球体はカラフルなんですが、花の色はあんまりバリエーションがなく、だいたい黄色だったと思います。

まあ、花だけ見ると、普通に菊系の花ですね。

以前のお姿。
08年10月10日
09年01月20日
09年03月16日
09年04月05日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月20日
09年07月04日
09年08月12日
09年12月03日
10年01月26日
10年05月25日
10年11月22日
11年02月19日
11年04月18日
11年06月30日
11年09月08日
11年12月25日
12年09月12日
12年10月02日

生存競争スタートの豹の子

親株に大きな変化はありませんが、全自動実生がスゴイことになってる豹の子。

12年11月15日撮影
A1115-952.jpg

うじゃうじゃw
A1115-953.jpg

昨年の全自動実生も幾株か生き残ってますので、今年のも多少は生き残れるでしょうけど、果たしてこのうじゃうじゃの中から何株生き残るんでしょうね?

以前のお姿。
09年03月16日
09年03月29日
09年04月05日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年06月11日
09年07月04日
09年07月25日
10年01月17日
10年03月28日
10年04月28日
10年06月09日
10年07月17日
10年09月09日
10年10月31日
10年11月09日
11年03月30日
11年05月13日
11年06月30日
11年08月02日
11年11月04日
12年02月06日
12年05月13日
12年06月21日
12年10月02日

植え替え&鉢増し肥培プロリフィカ

肥培プロリフィカ、植え替え&鉢増し。

12年11月15日撮影
A1115-951.jpg
2号鉢を維持するか、3号鉢に鉢増しするか悩んでいたら、2.5号鉢があった件。

大きすぎず小さすぎず、良い感じですな。

以前のお姿
10年06月04日
10年07月24日
10年09月30日
10年11月09日
11年01月02日
11年05月13日
11年06月30日
11年08月02日
11年09月19日
11年11月18日
11年12月16日
12年03月11日
12年05月31日
12年08月30日
12年10月07日

秋の山田池公園散策 後編

さて昨日の続きを。

公園に住み着いているぬこ一家とひとしきり遊んだ後、池の近くの土手のようになったところを何気なく歩いてみると。
A1020934.jpg
この、もしゃもしゃ生えてる草、全部野蒜です。我が家のプランターで後生大事に育ててるのが馬鹿馬鹿しいほどの大繁殖っぷり。思わず一人で笑ってしまいました。多分この公園、山菜摘みも楽しめるんじゃないかなあ。

この公園内にある果樹園の果実や竹林のタケノコ、花壇の花は盗っちゃダメって貼り紙や立て看板があるけど、勝手に生えてる山菜や、広葉樹林のどんぐり類の採取は、個人消費用程度なら良いんじゃないかな。知らない人が見たら、これただの雑草にしか見えないしねw

さてお待ちかね。鳥編です。お水端ということもあって、この公園には水鳥がたくさんいます。

シラサギ。大きさはカラスぐらいですね。
A1020937.jpg

多分、アオサギ。結構デカイです。
A1020950.jpg

そしてかなり珍しいと思われる鳥さんが。

少なくとも私は初めて見ました。
A1020939.jpg

わかります?w
A1020940.jpg

カワセミですね。漢字では翡翠とも書く、美しい鳥です。
A1020941.jpg

魚を獲るために水中へダイブし、戻ってくるところ。ものすごく一瞬なので、コンデジでよく撮れたと思います。
A1020942.jpg

メインの山田池には、カモの類も多数浮かんでおりました。私はあんまり野鳥に関する知識がないので、野鳥を見かけても判別や観察が出来ませんが、バードウォッチャーらしきバズーカー砲みたいなレンズを装着したカメラを構えている人も結構見かけます。

この日はエサ用のエビも十分確保出来、満足の行く秋の山田池公園散策になりました。

秋の山田池公園散策 前編

ウナギ釣りのシーズンは終わりましたが、夏に釣ったウナギが4匹、今も我が家で健在です。彼らの餌は近所の公園の池で獲ってきたスジエビです。1回50~80匹ぐらい獲れば、1ヶ月ぐらい持ちます。

というわけで、先月獲ってきたスジエビが残り10匹を切ったので、また近所の公園に行って参りました。

「近所の公園」なんていうと、ブランコとシーソーとジャングルジムがあって、砂場があるような公園をイメージするかもしれませんが、私の「近所の公園」は、山田池公園。公園名にある通り、山田池という池を中心に整備された、広大な公園です。

池だけではなく小川もあり、丘や小山もあり、庭園もあれば鬱蒼とした林もあって、お手軽アウトドアにはもってこいの場所です。

エビ獲り用のモンドリを池に沈めたら、日頃の運動不足を少しでも補うために、周回コースをウォーキングしてみることにしました。

私の住む辺りは、紅葉のシーズンはだいたい11月終わりから12月頭頃です。この公園も、ぼちぼちと紅葉が始まっているようでした。
A1020935.jpg

A1020936.jpg

紅葉ではありませんが稔の秋でもあり、園内にあったサンザシの実が鈴生りでした。
A1020949.jpg
ちいさなサクランボほどの大きさのサンザシの実は、砂糖煮にして固めて拍子木に切ったものが、台湾茶などのお茶請けでお馴染みでしたが、生の実は食べたことがありませんでした。なので今回、一粒失敬して試食してみました。

味は、格別美味しいものではありません。王林系のりんごのようなマッシーな食感で水分が少なく、甘味も酸味も極めて少なく、香りも特筆するようなものではありませんでした。その代わり渋味やエグ味も一切ありませんでしたが、わざわざ摘んで食べるほどのものではないようです。

あ、そうそう。たいていの果樹には必ずと言って良いほど所有者あるいは管理者がおります。特にこういう公園にある樹木は、100%公園の所有物です。勝手に果実を摘んで食べるのは、厳密に言えば犯罪とみなされる可能性があります。あと管理者の居る樹木は害虫駆除や病気の予防のために、薬剤を使用しているのが一般的です。そういう観点からも、良い子は真似されないことを強くオススメします。

池の水位が下がっているようで、底の足跡がくっきり見えます。
A1020948.jpg
楔文字みたいなのはサギの類の足跡でしょうけど、もう一つ、四足動物らしい足跡があります。多分、ヌートリアです。ホント、お水端ならどこにでも居るなあ、あの水棲ネズミ。

一周回って、モンドリを仕掛けた池に戻ってくると、ぬこ一家がいました。
一番懐っこくて人を怖がらないのがこいつ。
A1020947.jpg

餌やりに来てたおばあちゃん曰く、「この子が一番人懐っこいのよ」ということでしたが、この日は風邪をひいていたらしく、目ヤニと鼻詰まりでしんどそうでした。
A1020946.jpg

一番美形だけど、一番警戒心が強くてなかなか触らせてくれない子。
A1020945.jpg

ちなみに全部オスです。

上記3匹のお母ちゃん。美形。小さいから若いのかと思ったけど、餌やりのおばあちゃん曰く、もう5~6歳ぐらいになってるんだとか。このヒトも警戒心が強くて、なかなか触らせてくれないのですが、この日は餌やりのおばあちゃんと私がしゃべっていたのを見て危険人物ではないと理解したのか、触らせてくれたのでお礼にマッサージをしてやりました。
A1020944.jpg

とりあえず写真の枚数が多いので今日はこの辺にしておいて、明日は、エビを穫りながら見かけた鳥さんたちのことでも。

2種類だけじゃ寂しいウサタマ鉢

クマが抜けたウサタマ鉢。

12年10月30日撮影
A1030-933.jpg

月兎耳、成長してますねー。鉢中央にあった小さな新玉つづりは消滅したようですが、その脇にあったウサ系のモケモケは育ってますね。

しかし隙間がちょっと寂しいので、何か移植しようかな。

以前のお姿。
08年10月10日
09年01月20日
09年03月16日
09年04月13日
09年08月31日
10年02月03日
10年12月03日
11年09月04日
12年07月06日

秋の美青丸

前回撮影からあんまり間無しですが、美青丸。

12年10月30日撮影
A1030-931.jpg

撮影する株の選択は、ベランダに並んだ鉢を見渡して目についた物、というやり方なので、目に付けば今回のように間無しになることもあり、付かなければ1年ぐらい間が空くこともあり。

きちんと順番決めてとか思うことも無くはないんですが、どうせ守れないから今のやり方で良いやw

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月05日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年08月31日
09年11月07日
10年03月02日
10年04月16日
10年07月24日
10年12月03日
11年02月13日
11年05月13日
11年09月19日
12年02月10日
12年08月06日
12年10月07日

名前は派手なのに地味な紅流星錦

花が終わって、地味な紅流星錦。

12年10月30日撮影
A1030-932.jpg

同じエキノプシスで同じような環境で同じような世話をしているはずなのに、刺無短毛丸と比べると、こいつはあんまりはち切れそうにならないです。

もっと膨らんだ方が、斑が綺麗に見えるはずなんですがねえ・・・。

以前のお姿。
09年05月20日
09年07月31日
09年11月07日
10年03月02日
10年04月16日
10年07月17日
10年10月14日
10年12月26日
11年01月20日
11年03月07日
11年05月23日
11年09月19日
11年10月26日
11年12月14日
12年05月13日
12年07月28日
12年08月21日

はち切れそうな刺無短毛丸

膨らんだと思ってた前回から、更に膨らんだ刺無短毛丸。

12年10月30日撮影
A1030-930.jpg

刺座を見ると、ただ膨らんだだけじゃなくてかなりの勢いで成長しているのがわかります。

膨らむのは良いんだけど、はち切れないようにねw

以前のお姿はこちら。
09年11月01日
09年03月16日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年07月31日
10年08月17日
10年12月03日
11年02月13日
11年09月19日
12年02月10日
12年05月25日
12年08月06日
12年09月25日

右曲がりの河内丸

なんだか右曲がりの河内丸。

12年10月30日撮影
A1030-929.jpg

気がついたらときどき鉢を回すように心がけてるのですが、どうも2号鉢連中は数が多くてめんどくさくて放置になりがち。

で、放置するとこういう風に曲がるわけです。

まあ、曲がったって別に生育には問題ないんですけどね。観賞価値が下がるだけでorz

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年07月25日
09年11月07日
10年03月02日
10年04月16日
10年07月24日
10年12月03日
11年02月13日
11年04月18日
11年09月19日
12年02月10日
12年08月06日

ちょびっと萎んだ?冬仙

刺が密集しているのでわかりにくいのですが、萎んだように見える冬仙。

12年10月30日撮影
A1030-928.jpg

このポワポワ刺が可愛くて、時々猫を撫でるみたいに撫でてやることがあるのですが、もしかしてあんまり良くないのかな?

以前のお姿はこちら。
09年11月01日
09年03月16日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
10年01月08日
10年06月09日
10年12月03日
11年02月13日
11年04月18日
11年09月19日
12年02月10日
12年05月25日
12年08月06日

結局咲かなかった翠晃冠

せっかく付いた花芽でしたが、何故か途中でダメになった翠晃冠。

12年10月30日撮影
A1030-927.jpg

今年は全体的に開花成績悪かったです(´・ω・`)

何が悪かったのかなあ?

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日
09年05月02日
09年07月25日
09年08月02日
09年08月08日
09年11月07日
10年03月17日
10年05月25日
10年09月09日
10年12月26日
11年06月06日
11年07月20日
11年10月01日
12年05月18日
12年07月06日

これから育ってくれるかな?恐竜丸

ムチムチプリプリの恐竜丸。

12年10月30日撮影
A1030-926.jpg

育たないと思ってたら、今夏は結構育って、表情が出てきたような気がします。これで成長に弾みが付けば良いな。

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日
09年05月02日
09年08月31日
09年11月07日
10年03月17日
10年05月25日
10年09月09日
11年01月13日
11年02月28日
11年06月06日
11年10月01日
12年05月18日
12年07月06日

カボチャ海王丸

ハロウィンのカボチャ・・・ではない海王丸。

12年10月30日撮影
A1030-925.jpg

春から夏に掛けて育った部分にもサビが及んでます。

もうやめて!海王丸の観賞価値はゼロよっ!と叫びたくなる今日この頃。

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日
09年05月02日
09年08月31日
09年11月07日
10年03月17日
10年05月25日
10年09月09日
11年01月13日
11年02月28日
11年06月06日
11年10月01日
12年05月18日
12年07月06日

秋の姫将軍

冬中、屋外吹きさらしでも死なない程度には寒さに耐性がありますが、本来は高温多湿大好き=低音低湿苦手チームの姫将軍。

12年10月30日撮影
A1030-924.jpg

前回画像より色味が悪く見えるのは光の加減だと思いますが、それを差っ引いても見栄えのよろしくない状態が続く季節に突入です。

以前のお姿。
09年03月16日
09年04月24日
09年10月22日
09年12月03日
10年02月03日
10年04月16日
10年05月18日
10年07月17日
10年08月31日
10年10月14日
10年12月17日
11年03月03日
11年05月03日
11年07月20日
11年08月19日
11年09月19日
11年12月04日
12年02月24日
12年03月21日
12年05月31日
12年07月28日
12年09月04日

苦手な季節到来、マタンザヌス

そろそろ屋内に移動させた方がいいかもしれないマタンザヌス。

12年10月30日撮影
A1030-923.jpg
前回画像には写ってなかったけど、いつの間にかどこからか若緑が紛れ込んでますね。

暖かいとこ原産のこのヒトは、これからの季節が鬼門。最低気温が10度を下回るようになったら、室内に移動させてやろうと思います。

以前のお姿
08年10月10日
09年03月16日
09年04月05日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年07月31日
09年09月29日
09年12月26日
10年03月28日
10年07月05日
10年10月09日
11年01月20日
11年04月09日
11年06月06日
11年07月20日
11年12月04日
12年03月10日
12年05月25日
12年07月29日

竜神木が紅葉

寒くなってきたからか、復活の竜神木が早速紅葉しておりました。

12年10月30日撮影
A1030-922.jpg

前回画像と比べて、少しですが大きくなっていますね。この調子でどんどん育って欲しいものです。

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年05月02日
09年09月14日
10年01月17日
10年03月17日
10年07月05日
10年08月17日
10年12月17日
11年02月08日
11年03月30日
12年06月28日
12年08月13日





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。