管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菫丸は膨らんだかな

春先と比べると、ちょっと膨らんだような菫丸。

13年09月23日撮影
A0923-398.jpg

もしかして来年は咲いてくれるかな?って、まだ冬も来てないのに春の話じゃ、鬼も笑えませんねw

以前のお姿。
08年11月01日
09年03月16日
09年03月29日
09年04月05日
09年04月24日
09年05月02日
09年05月18日
09年05月20日
09年12月26日
10年04月06日
10年05月25日
10年06月21日
10年10月14日
11年02月08日
11年05月03日
11年07月20日
11年12月04日
12年07月28日
12年11月25日
12年12月22日
13年03月10日
スポンサーサイト

縮む獅子王丸

獅子王丸は季節と気分で膨らんだり縮んだりします。

13年09月23日撮影
A0923-397.jpg
今は縮む季節か気分の模様。

暑い時期は、水を控えていたからかなー。

以前のお姿。
09年03月16日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年09月29日
10年01月17日
10年04月06日
10年10月14日
11年02月08日
11年05月03日
11年07月20日
11年09月04日
11年12月04日
12年02月10日
12年04月22日
12年07月28日
12年11月25日
12年12月22日
13年03月10日
13年04月07日
13年04月20日
13年06月01日
13年06月07日
13年06月10日

相変わらず動かないマタンザヌス

先月の画像とじっくり見比べても、動いてるようには見えないマタンザヌス。

13年09月23日撮影
A0923-396.jpg

せっかく大好きな強光高温の時期だったんだから、ちょっとは成長してるところを見せてくれても良いと思うんですけどねえ。

以前のお姿
08年10月10日
09年03月16日
09年04月05日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年07月31日
09年09月29日
09年12月26日
10年03月28日
10年07月05日
10年10月09日
11年01月20日
11年04月09日
11年06月06日
11年07月20日
11年12月04日
12年03月10日
12年05月25日
12年07月29日
12年10月30日
12年12月04日
13年03月10日
13年08月13日

熊童子錦もヘロヘロ

たった一ヶ月半ほどで、ヘロヘロになってしまった熊童子錦。

13年09月23日撮影
A0923-395.jpg

暑さ寒さに弱い熊ーズですが、盛り返す体力は残ってそうなのが幸いです。

以前のお姿。
09年04月13日
09年08月12日
10年01月08日
10年03月02日
10年05月04日
10年10月31日
11年01月02日
11年03月03日
11年06月30日
11年08月12日
11年10月17日
11年12月31日
12年02月24日
12年03月26日
12年07月06日
12年09月25日
12年11月25日
12年12月29日
13年01月27日
13年04月07日
13年04月20日
13年07月25日
13年08月01日

夏バテ熊童子

酷暑に耐えた、と思ってた熊童子。

13年09月23日撮影
A0923-394.jpg

残暑に力尽きた模様w

一番悲惨だった2010年の夏と比べれば、まだマシなので笑っていられます。新芽も出してるし、このまま涼しくなっていけば盛り返せるでしょう。

ま、こいつは寒いのも苦手なんですけどね。

以前のお姿はこちら。
08年10月10日
09年01月20日
09年03月16日
09年03月29日
09年04月13日
09年08月12日
10年03月14日
10年05月04日
10年10月31日
11年01月02日
11年03月03日
11年06月30日
11年08月12日
11年10月17日
11年12月31日
12年02月24日
12年03月26日
12年07月06日
12年11月25日
12年12月29日
13年01月27日
13年04月07日
13年04月20日
13年07月25日
13年08月01日

キッチンガーデニング アスパラガス続々

アスパラガスが続々生えてきました。ノビルも紛れてますねw

13年09月23日撮影
A0923-393.jpg

これでもやっと鉛筆ぐらいの太さです。せめて10本ぐらい揃って生えてくれば、これぐらいの太さでも一品になると思うんですが、バラバラに生えてくるんで一本ずつしか収穫出来ません。

なので、これはまたそのまま生やかしておきます。ちなみに株元に敷き詰めてある草は、先日台風の時に刈ったアスパラガスです。

キッチンガーデニング 唐辛子編その11

唐辛子ーズ、ここへ来て結構花が咲き、実が付き始めました。

13年09月23日撮影
A0923-392.jpg
青唐辛子は夏のものだと思ってたんですが、うちの環境では今からが最盛期っぽいです。

唐辛子は赤くならないと葉っぱと見分けが付きにくいのですが、全株合わせてざっと40本ぐらいは実ってる感じです。この調子ならぎりぎり元は取れるかもしれません(実生株がなかったらマイナス確実でしたがw)。 

おっかなびっくりの摘心で上手く枝を絞ることが出来ず、あわよくば葉唐辛子も収穫したいというスケベ心を発揮した結果、特に実生株の方はやたら枝が広がってしまい、その為結実も散漫になってしまったようです。

来年はもっとがっつり枝を払って、集中して実るようにしようっと。

以前のお姿。
13年04月13日
13年05月03日
13年05月22日
13年06月01日
13年07月01日
13年07月25日
13年08月01日
13年08月01日
13年08月13日
13年08月13日
13年09月04日

実生亀の子に居候しているかぐや姫、綴化?

実生亀の子の方は特に変わりないのですが、かぐや姫に少々気になる点が。

13年09月13日撮影
A0913-384.jpg

ズームアップ
A0913-385.jpg

成長点が2つあるように見えます。もしかして綴化?

ところでかぐや姫メインの時は、本来はエピテランサのカテゴリに入れるべきなのでしょうけれど、鉢を分けるまではこのかぐや姫はフライレア扱いでいきますw

以前のお姿。
09年09月19日
09年10月22日
10年01月26日
10年06月30日
10年08月31日
10年10月09日
10年11月09日
10年11月09日
11年01月20日
11年03月30日
11年05月23日
11年07月29日
11年10月26日
12年03月21日
12年05月31日
12年06月28日
12年08月06日
12年08月24日
12年10月30日
13年02月17日
13年08月01日
13年08月21日

咲くつもりがなさそうな姫英冠玉

姫英冠玉は咲くつもりがなさそうです。

13年09月13日撮影
A0913-383.jpg

丸一ヶ月経ってこの状態では、多分咲きません。花芽が育つ気配はあったんだけどなあ。

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年07月31日
09年12月16日
10年04月06日
10年06月21日
10年08月01日
10年11月17日
10年11月17日
10年11月17日
10年12月17日
11年03月30日
11年06月20日
11年08月19日
11年08月19日
11年08月22日
11年12月16日
12年06月07日
12年08月30日
13年01月08日
13年03月30日
13年05月27日
13年07月07日
13年08月13日

霜の朝に花芽到来

霜の朝にひさびさの花芽が付きました。

13年09月13日撮影
A0913-381.jpg

過去の記録を見ると夏咲きのはずなんですが、今年は随分遅いようです。

以前のお姿。
09年05月10日
09年09月14日
09年11月19日
10年04月06日
10年07月24日
11年03月07日
11年05月13日
11年06月30日
11年08月02日
12年03月04日
12年07月06日
12年10月07日
13年01月27日
13年04月07日
13年07月25日

ヘルメティカがヤバい

ヘルメティカ、一頭潰れてます(´;ω;`)

13年09月13日撮影
A0913-382.jpg

残る連中も不穏な様子。そろそろ水をやりたいんだけど、このところ昼間、日照が強くて下手に水をやったらそのまま溶けそうで二の足踏みまくってます。

うー。水をやってもお星様、やらなくてお星様な気がする(´っω・。`)

以前のお姿。
08年10月10日
09年01月20日
09年03月16日
09年04月05日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月20日
09年07月04日
09年08月12日
09年12月03日
10年01月26日
10年05月25日
10年11月22日
11年02月19日
11年04月18日
11年06月30日
11年09月08日
11年12月25日
12年09月12日
12年10月02日
12年11月17日
13年01月08日
13年05月03日
2013年07月25日

ノビル始動

ノビルの新芽が萌え始めました。

13年09月13日撮影
A0913-380.jpg

ノビルは、だいたい初秋から早春にかけてが成長期で、晩春に花を咲かせ、初夏から初秋にかけては地上部が枯れて地下部が休眠するようです。

河原の土手のような、水切れすることはないけど湿潤過ぎない草むらに生えることが多く、ぱっと見はススキやエノコログサなどのイネ科の若芽のように見えるので、それと知ってなければなかなか見つけることは出来ませんが、見つけるのに慣れると必ず群生しているので、スーパーのレジ袋一杯ぐらいはすぐに採れます。

地上部ならハサミでもあればいくらでも刈り取れますが、地下部は結構ガッツリめのスコップかスキやクワがあった方が捗ります。ハンディな移植ゴテでは結構手こずります。

地下部を採る場合は、群生している株の根元から10cmぐらい外側のところにスコップなどを突っ込んで、テコの原理で群生している株ごとひっくり返す感じで掘り起こします。移植ゴテだと、この時テコの力に負けて曲がってしまいます。

株をひっくり返したら、デカイ球根だけピックアップして小さい奴は残し、ひっくり返した株をそのまま戻す感じで、埋め直しておきます。

群生株を土ごと採ってきて、庭やプランターに植え込むのも良いですね。雑草並みに強いので、ほとんど何の手入れもなしで毎年機嫌良く育ちます。

キッチンガーデニング アスパラガス、初収穫

気がつくとにょきにょき6本も生えたアスパラガス。

13年09月13日撮影
A0913-379.jpg
更に7本目と、画像ではわかりにくいですが8本目が生えております(7本目と重なっててわかりづらいです)。

8本目は、これまでで一番太かった(鉛筆ぐらいの太さ)ので収穫して焼いて食べてみました。

採りたてのアスパラガスは旨いと聞いておりましたが、確かに味がはっきりしていて、ナッツのような香ばしさがあり、とても美味しかったです。1本だけなんで、ほんとに味見にしかなりませんでしたが。

来年からは本格的に収穫出来るかな。

月世界の赤い果実

月世界、結実♪

13年09月13日撮影
A0913-378.jpg
白刺に覆われたずんぐりむっくりの球体に、ニョキッというかピョコンというか、如何にも唐突な赤い果実が、ホントに可愛い月世界です。

ホントは調子が良ければ、この果実は何個も出てくるんですが、ま、一個だけでも良いかw

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年07月04日
10年02月20日
10年04月16日
10年05月18日
10年07月24日
10年10月09日
10年12月03日
11年04月09日
11年08月02日
11年10月01日
12年01月09日
12年09月25日
12年12月29日
13年06月10日
13年07月01日

斑が綺麗に出てきた紅流星錦

真夏もそこそこ成長してくれた紅流星錦。

13年09月04日撮影
A0904-376.jpg
挿し穂の方は、綺麗に斑が出てますね。残念ながら花芽は、途中で成長を止めちゃいましたが。

切り株の方は、そろそろ子株を外した方が良いかな?

以前のお姿。
09年05月20日
09年07月31日
09年11月07日
10年03月02日
10年04月16日
10年07月17日
10年10月14日
10年12月26日
11年01月20日
11年03月07日
11年05月23日
11年09月19日
11年10月26日
11年12月14日
12年05月13日
12年07月28日
12年08月21日
12年10月30日
12年12月22日
13年02月17日
13年05月03日
13年05月22日
13年06月01日
13年06月01日
13年06月07日
13年06月18日
13年07月01日
13年08月13日

見えないウニフローラのチビ苗たち

今年は四度も花を咲かせたウニフローラ。

13年09月04日撮影
A0904-375.jpg
さすがに五度目はなく、今はウルトラミニ玉葱状態です。

推定200粒近い種子はほとんど鉢内に蒔かれ、ゴマ粒の更に半分ぐらいの大きさの球根と、糸くずみたいな芽があちこちにちらほらします。

鉢土表面に蒔かれたチビ苗は、ほとんどが鉢土表面近くに転がってるのですが、そのままだとあっという間に干からびそうです。だからと言って埋めてやるには、チビ苗があまりにも小さくて潰してしまいそうで、文字通り手が付けられません。精々、潅水時に自然に土中に沈むように水を流してやるぐらいです。

上手く土の中に潜り込んで、根付いてくれると良いんですけどねえ。

以前のお姿。
09年01月20日
09年05月02日
09年11月07日
10年01月26日
10年04月16日
10年05月13日
10年05月25日
10年06月02日
10年06月09日
10年06月21日
10年11月17日
11年01月07日
11年08月02日
11年10月17日
11年12月31日
12年04月01日
12年05月18日
12年05月31日
12年06月07日
12年06月21日
12年07月19日
12年08月30日
12年10月07日
12年11月17日
13年03月21日
13年05月17日
13年06月01日
13年06月10日
13年06月18日
13年07月01日
13年07月07日
13年07月25日
13年08月01日

夏バテ中?ブロンズ姫丼

先月仕立て直したブロンズ姫丼。

13年09月04日撮影
A0904-374.jpg

微塵も育ってません。って言うか、少し衰退気味。

やっぱり夏に切ったのは、よろしくなかったのかなあ。

以前のお姿。
09年04月05日
09年04月24日
09年05月02日
09年07月25日
10年02月20日
10年11月22日
11年05月03日
11年05月13日
11年05月13日
11年05月13日
11年05月13日
11年05月13日
12年11月17日
13年02月08日
13年04月13日
13年06月01日
13年08月01日

キッチンガーデニング 唐辛子編その10

唐辛子ーズ、苗から育てたのと、実生の株との比較。

13年09月04日撮影
A0904-373.jpg

右が苗で購入したもので、左が実生株です。

実生株の方が2ヶ月ぐらいは後生まれって言うか、後蒔きのはずなのに、苗育ちより大きくなりつつあります。

ただ、実生株はデカいばかりで実付きはイマイチ。あと1ヶ月半ぐらいまでが収穫期だと思うんですが、採れるのかな?

ま、取れなかったら葉唐辛子で食ってやるw

以前のお姿。
13年04月13日
13年05月03日
13年05月22日
13年06月01日
13年07月01日
13年07月25日
13年08月01日
13年08月01日
13年08月13日
13年08月13日

今年もモリモリ結実している豹の子

豹の子、今年も鈴生り。

13年09月04日撮影
A0904-372.jpg
花蕾とほとんど見分けが付きませんが、多分半分ぐらいは果実と言うか莢ですね。

フライレアは採って蒔きが基本なのですが、そうすると幼苗の時期と厳寒期がかぶるわけで、なかなか悩ましいものがあります。室内で加温してやれば良いんでしょうけど、それもなかなか面倒で。

ま、ご覧のとおり無責任播種でも結構生き残るものなので、気にせず普通の鉢に蒔いて親株と同じ扱いにしても、それなりに育つかもしれません。今回はそれでやってみようかな。

以前のお姿。
09年03月16日
09年03月29日
09年04月05日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年06月11日
09年07月04日
09年07月25日
10年01月17日
10年03月28日
10年04月28日
10年06月09日
10年07月17日
10年09月09日
10年10月31日
10年11月09日
11年03月30日
11年05月13日
11年06月30日
11年08月02日
11年11月04日
12年02月06日
12年05月13日
12年06月21日
12年10月02日
12年11月15日
12年12月29日
13年06月07日
13年06月18日
13年08月21日

親がサビたら、子が育ち始めた亀の子

サビに覆われた亀の子。

13年09月04日撮影
A0904-371.jpg

しかし、ここへ来て、親株にひっついてた子株(少なく見積もっても、4歳)が成長を始めました。

植物でも、親がしっかりしてる間は、子はダラダラするもんなんですねw

以前のお姿。
09年03月16日
09年03月29日
09年04月05日
09年04月13日
09年07月04日
09年08月02日
10年01月17日
10年03月28日
10年05月04日
10年09月09日
10年10月31日
11年03月07日
11年03月30日
11年05月13日
11年06月30日
11年08月02日
11年11月04日
12年02月06日
12年05月13日
12年06月21日
12年10月02日
12年12月29日
13年06月07日
13年08月21日

徒長を始めた?緋翠殿

微妙に徒長気味な緋翠殿。

13年09月04日撮影
A0904-370.jpg
前回撮影時には、徒長の兆しなんてなかったのに、何故強光のはずの真夏に徒長するのか意味がわかんない。

もちろん、以前から置き場所は変わってません。太陽高度が変わって、日照も変化したのかなあ?

以前のお姿。
09年01月20日
09年03月16日
09年04月13日
09年05月20日
09年09月29日
09年11月19日
10年03月17日
10年06月09日
10年08月17日
10年11月09日
10年11月09日
10年12月26日
10年12月26日
11年04月18日
11年04月18日
11年06月18日
11年06月18日
11年08月19日
11年08月19日
11年11月04日
11年11月04日
12年02月06日
12年02月06日
12年03月21日
12年03月21日
12年04月22日
12年06月28日
12年06月28日
12年09月04日
12年09月04日
13年01月27日
13年04月07日
13年04月20日
13年05月27日
13年07月01日

やっぱりサビサビ、海王丸

もはやこういう肌色と思いそうになる海王丸。

13年09月04日撮影
A0904-367.jpg
成長の速度が、茶膜が覆う速度より早ければ緑の部分が見えるのですが、逆になるとすっかりまっ茶。

せめて球体に湿度を与えて、カサカサお肌が滑らかにならないかと期待したのですが、ご覧の通り全く効果なし。

サンドペーパーか何かでこすったら取れるかな?(多分無理)

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日
09年05月02日
09年08月31日
09年11月07日
10年03月17日
10年05月25日
10年09月09日
11年01月13日
11年02月28日
11年06月06日
11年10月01日
12年05月18日
12年07月06日
12年10月30日
13年03月23日
13年06月07日
13年06月18日

酷暑でも成長してた恐竜丸

酷暑をあっさり乗り切った恐竜丸。

13年09月04日撮影
A0904-368.jpg
あっさり乗り切っただけではなく、ちゃんと成長している様子も伺えます。

球体表面の水滴は、潅水ではなく毎朝の習慣の霧吹き。かれこれ2ヶ月ぐらいやってますが、今のところこれが原因で弱る個体はありません。

サボテンの教科書にも、「球体に水分を与えるのは良い」と書いてあったような気がしますので、悪いことではなかったようです。

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日
09年05月02日
09年08月31日
09年11月07日
10年03月17日
10年05月25日
10年09月09日
11年01月13日
11年02月28日
11年06月06日
11年10月01日
12年05月18日
12年07月06日
12年10月30日
13年03月23日
13年06月07日
13年06月18日

花が終わって淡々としている翠晃冠

いつもピントを合わせるのが難しい翠晃冠。

13年09月04日撮影
A0904-369.jpg

花が終わった後は、特筆する程の変化はなし。そろそろ2号鉢も窮屈そうですよね・・・。

鉢増ししてやったら、毎年花を咲かせてくれるかな?

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日
09年05月02日
09年07月25日
09年08月02日
09年08月08日
09年11月07日
10年03月17日
10年05月25日
10年09月09日
10年12月26日
11年06月06日
11年07月20日
11年10月01日
12年05月18日
12年07月06日
12年10月30日
13年03月23日
13年06月07日
13年06月18日
13年07月01日
13年07月07日

まずまずの夏越しだったウサタマ丼

比較的順調に夏を越した月兎耳&新玉綴りのウサタマ丼。

13年09月04日撮影
A0904-366.jpg
暑さに負けたか、新玉綴りの葉っぱが幾分落ちてスカスカになっておりますが、まあそこそこ順調に夏越し出来た方ではないかと。

最近、百均やらホームセンターやらで多肉植物が目に付きます。秋のシーズンに向けて、温室のスペース空けるために、要らないやつを放出してんでしょうね。

特に百均の多肉は、ほとんど無残な状態であることが多く、可哀想で思わず引き取ってやりたくなるのですが、たいてい徒長してたり根腐れしてたりして、育たないことが多いものです。

ウサタマ丼、二種類じゃ寂しいってことで、何かあと一株、違う種類のやつを付け足そうとは思ってるんですが、手持ちの何かを付け足すか、新顔を導入するかが悩ましいところです。

以前のお姿。
08年10月10日
09年01月20日
09年03月16日
09年04月13日
09年08月31日
10年02月03日
10年12月03日
11年09月04日
12年07月06日
12年10月30日
13年01月27日
13年04月13日

乙女心無残

酷暑に負けた乙女心。

13年09月04日撮影
A0904-365.jpg

まあ、また秋から来春にかけて盛り返せば良いよ。トホホ。

以前のお姿。
09年04月05日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年10月30日
10年01月17日
10年04月16日
10年08月01日
10年09月09日
10年10月09日
10年12月13日
11年01月27日
11年10月01日
12年01月16日
12年03月04日
12年04月22日
12年08月13日
12年11月17日
13年02月08日
13年03月23日

酷暑を乗り越えた実生青王丸

半年ぶりの実生青王丸。

13年08月21日撮影
A0821-361.jpg

ちびっ子たちなのに、無事酷暑を乗り越えてくれました。

ところで、上の画像を先月下旬に撮ったのを忘れて、また撮影していまいました。2週間ぐらいでは、いくら実生っ子といえどもそう変わるわけがありませんが、せっかく撮ったので。

13年09月04日撮影
A0904-364.jpg

一番大きいのでも、直径2cmあるかないか。これではまだ、単株植えは無理ですねえ。

以前のお姿
10年06月30日
10年10月09日
10年11月09日
10年12月17日
11年02月21日
11年04月09日
11年06月18日
11年07月29日
11年10月13日
11年10月13日
11年11月12日
11年11月12日
11年12月31日
12年03月19日
12年03月19日
12年06月07日
12年07月28日
12年10月07日
12年11月25日
13年02月08日
13年03月21日

お久しぶりのシャコバサボテン

一年半以上ぶりのシャコバサボテン。

13年08月21日撮影
A0821-362.jpg

枯れもせず、花も咲かせず増えもせず。ご覧のとおり、多少の動きはあるにはあるんですが、これで一年半以上ですから、毎日見てる目にはほとんど動いてる印象がありません。

咲かなくても良いから、ワシャワシャ増えてくれたら、大きな鉢に移すんだけどなあ。

以前のお姿。
09年07月31日
09年09月14日
09年11月19日
09年12月03日
10年05月04日
10年06月09日
10年09月30日
11年08月19日
11年12月14日

切れば茶膜はなくなるのかな?青王丸2号

ちょっとピンぼけ、青王丸2号。

13年08月21日撮影
A0821-359.jpg
まるで脱皮しているかのような左側のチビ株ですが、茶膜がありません。対する右側は相変わらず茶膜上がりまくりです。

ということは、右の株も胴切りしてやったら、茶膜はなくなるかもしれませんね。

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日
09年06月21日
09年08月31日
09年11月07日
10年02月16日
10年04月28日
10年06月09日
10年09月30日
11年01月13日
11年03月18日
11年06月06日
11年09月19日
11年11月12日
12年03月11日
12年07月19日
12年10月02日
12年11月25日
13年02月08日

斜め45度の青王丸1号

えらく傾いてる青王丸1号。

13年08月21日撮影
A0821-360.jpg
日照が強すぎるのか、茶膜は上がってるし、どうにもブサイクきわまりない。

涼しくなってきたし、そろそろ胴切りしてみるかな?

以前のお姿。
08年10月10日
09年03月16日
09年04月13日
09年04月24日
09年05月02日
09年05月18日
09年06月11日
09年06月12日
09年06月12日
09年08月31日
09年11月07日
10年02月16日
10年04月28日
10年06月09日
10年09月30日
11年01月13日
11年03月18日
11年06月06日
11年07月11日
11年09月19日
11年11月12日
12年03月11日
12年07月19日
12年10月02日
12年11月25日
13年02月08日





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。