管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BQNを選択的に蔓延らせる河川管理

最近は暑いので焚き火のモチベーションが上がらず、よって焚き火メシもめっきりご無沙汰です。その代わり、ウナギ釣りに夜な夜な出かけております。

私が釣りに行くのは淀川なのですが、ここの河川敷では、許可区域内ならバーベキューが可能です。

そのため休日にはたくさんのグループがバーベキューを楽しんでいるわけですが、夏のお水端にはDQNが付き物。BBQをするDQNをBQNというんだそうです。

まあDQNだろうがBQNだろうが良いんですけどね、別に。他人に迷惑かけない限り、上流のダムからの放水警報を無視して増水した川で溺れ死ぬ自由もあると思うんです。他人に迷惑を掛けなきゃね。

ただ腹立たしいのは、私なんかが河川公園で一人バーベキューをしていると、河川公園の管理人がすっ飛んできて、「ここは焚き火禁止です!」と言うわけです。焚き火て、その辺に落ちてる枯れ枝拾って焚き付けにしただけで、使ってるのは普通に木炭だっつーにとムカついて、「ここ、バーベキュー可能エリアですよね?」と言い返すと、「まあ、風が強いから火事に気をつけてね」とか言いながら帰っていくわけですが、言われた方としては物凄く気分が悪い。だから以後、淀川河川公園では焚き火メシやってません。

焚き火のように見えるかもしれませんが、ネイチャーストーブ使用でしたから直火でもないし、もちろんゴミも出してないし、何ら文句言われる筋合いのないように気をつけてルールを守って肩身狭くやってるおひとりさまバーベキューに嫌がらせのように(っていうか嫌がらせ以外のなにものでもないです)注意しに来るくせに、こういうのはスルーですかそうですか。

撮影日は2012年07月01日(日曜日)、場所は淀川河川公園枚方大橋下です。撮影時刻は午後11時頃ですが、私が現地に到着した午後7時には既にこの状態でした。
A1020665.jpg
言っちゃあ何ですが、一人で焚き火メシとかバーベキューが日本では異端ということは重々承知ですから、出来るだけ難癖付けられないように私はひっそり且つお行儀良く、定められたルールは厳守でやってるつもりです。不当な注意に言い返すことはあっても、逆切れして食って掛かるということもありません。だから言いやすいんでしょうね。

逆に、数を頼んだBQN連中には言いづらいんでしょうね。わかりますよ、管理人ったって、所詮委託されたシルバー人材センターから派遣されただけの、定年後の暇つぶしのおっちゃんだもんな。BQNに注意なんかしたら、逆切れされて袋叩きに遭わないとも限りません。そんな危険を冒すだけの給料もらってないよなw

でもさ。やってることはおとなしいお行儀の良い人に嫌がらせをして、やりたい放題のBQNを見て見ぬふりだよね。そりゃBQNが河原で幅利かすわけだよ。

で、BQNが幅利かすと河川公園が荒れるから、ルールや防御設備を増やして、一見小奇麗だけどユーザーホスタイルな施設にしていくと。

そんなことに税金突っ込むなら、自然のままの河川敷にして、人が容易に入って行けないようにした方が環境に優しいし、何より無駄が少ないと思うんですけどね。

その方がブッシュクラフト的にも楽しいしw

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。