管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノビル始動

ノビルの新芽が萌え始めました。

13年09月13日撮影
A0913-380.jpg

ノビルは、だいたい初秋から早春にかけてが成長期で、晩春に花を咲かせ、初夏から初秋にかけては地上部が枯れて地下部が休眠するようです。

河原の土手のような、水切れすることはないけど湿潤過ぎない草むらに生えることが多く、ぱっと見はススキやエノコログサなどのイネ科の若芽のように見えるので、それと知ってなければなかなか見つけることは出来ませんが、見つけるのに慣れると必ず群生しているので、スーパーのレジ袋一杯ぐらいはすぐに採れます。

地上部ならハサミでもあればいくらでも刈り取れますが、地下部は結構ガッツリめのスコップかスキやクワがあった方が捗ります。ハンディな移植ゴテでは結構手こずります。

地下部を採る場合は、群生している株の根元から10cmぐらい外側のところにスコップなどを突っ込んで、テコの原理で群生している株ごとひっくり返す感じで掘り起こします。移植ゴテだと、この時テコの力に負けて曲がってしまいます。

株をひっくり返したら、デカイ球根だけピックアップして小さい奴は残し、ひっくり返した株をそのまま戻す感じで、埋め直しておきます。

群生株を土ごと採ってきて、庭やプランターに植え込むのも良いですね。雑草並みに強いので、ほとんど何の手入れもなしで毎年機嫌良く育ちます。

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。